MT小型自動二輪免許の教習は簡単なの?ストレートで行った僕が詳しく解説します

自動車
スポンサーリンク

最近125ccのMTバイクを街中で見かけることが多くなってきましたね。

ナンバーがピンク色のバイクといえば何となくわかるかもしれません。

今回はそんな小型自動二輪免許MTの免許の教習について、僕の体験談とともに解説していきます。

スポンサーリンク

小型自動二輪免許MTってどんな免許なの?

小型自動二輪免許MTの免許を持っているとは125cc未満のバイクをAT・MT問わず運転することができます。原付二種なんて呼ばれることもありますね。

MT小型自動二輪免許で運転することができるバイクで、HONDAから発売されたCB125R

HONDAから発売されたCB125Rなどのバイクを乗ることができます。それ以外にもAT免許で乗ることができるアドレスやスーパーカブ、リトルカブなども小型自動二輪免許で乗ることができますね。

小型自動二輪免許の二つのメリット

そして小型自動二輪免許は自動車の免許で運転することができる原付と比べると、2つの大きなメリットがあるんです。

二段階右折がいらない

原付(50cc未満)を運転する際に一番厄介なのが二段階右折というルールですよね。

二段階右折は片側三車線以上の道を50cc未満のバイクが右折する場合、直接右折することができず、二段階で右折しなくてはいけないというものです。

二段階右折方法 柏市役所HPより引用

※柏市役所原動機自動車の右折について 添付資料引用

上記のルールの他にも左車線が左折専用レーンの際は右ウインカーを出したまま直進し二段階右折を行うなど、いまいちルールがわかりにくいという難点もあります。

30km制限がない

原付を乗っている限り、法定速度が60km制限の場所でも30km/hしか出すことができません。

実際はほとんどの原付が周りと同じ速度で走っているものの、白バイなどの点数稼ぎの対象になってしまってます。

しかし、小型自動二輪免許で乗ることができるバイクは上記の2制限がないため、街乗りが非常に快適なんです。

小型自動二輪MT免許の教習の詳細

バイクの免許を取りに行くとなると、どのような流れで進んでいくのか不安な方も多いと思います。

ここからは、教習の費用、難易度、進み方、必要な物についての説明をしていきます。まずは小型自動二輪免許の費用について話していきます。

小型自動二輪免許の費用の相場

私は千葉県の教習所で免許を取得したのですが、税込みで69500円でした。近くには数件の教習所があり、どれも75000円(税込み)と高かったのですが、立地的に不利な教習所の分安い教習所を選択しました。

一部の地域では45000円~と破格の値段の教習もあるようですが、平均的には65000円~75000円の間で収まるようです。

値段としては、普通自動二輪から3万円程度安い値段の場合がおおいようです。

所持免許 相場
MT 自動車免許以上 65000~75000
原付・無し 100000~110000円
AT 自動車免許以上 60000円~70000円
原付・無し 90000~100000円

参考程度ですが、上記が小型自動二輪免許の相場となっています。

さて、費用についての話をしてきましたがここからは教習難易度についてお話していきます。

小型自動二輪免許MTの教習は難しいの?

小型自動二輪免許MTの教習は難しいとよく言われます。特にネット上では、ほとんどの人がストレートで合格できずに追加の教習をしているという記事も見かけます。

実際のところはどうなのか説明していきます。

結論:しっかりと予習をしておけばストレートで合格可能

タイトルの通り、事前にしっかりと予習をしておけばストレートで合格することができます。

僕は車の免許もマニュアルではなかったため、クラッチがどのような役割を果たしているのかいまいち理解していなかったのですが、以下の動画を見てしっかりと予習&イメージトレーニングをしたことでストレートで合格することができました。

YouTubeではほかにも発進の手順やコツなどを説明した動画が多くあるので、必ず事前に予習&イメトレを済ませておきましょう。

僕がなぜここまで予習とイメトレが必要だというのか、には理由があります。

理由1:スケジュールがかなり忙しい

小型自動二輪MTの教習は本当に忙しいです。

実は小型自動二輪の教習は普通自動二輪の半分程度しか実車の時間がないです。しかも、一段階見極めまでには2回の実車しかありません。

実車時間
普通二輪MT 17時間
小型二輪MT 10時間

実車時間は上記のように7時間の差があります。

小型自動二輪MTの場合は10時間の中から1段階見極め、2段階見極め、シュミレーター3回を入れると実質的に5時限分しか練習時間はありません。

これが、小型二輪MTが難しいといわれる理由の一つです。

理由2:排気量が小さいバイクはエンストしやすい

教習中はエンストをしてしまう人も多いのではないでしょうか?

一般的に、排気量の小さいバイクはエンストしやすいといわれています。

つまり、125ccのミッションバイクは普通二輪教習で使うバイクよりもエンストがしやすいです。

こうなると、スムーズに教習ができなくなり補習がついてしまうという場合があります。

これも、上記の動画を見ておくことでエンストを防ぐことができます。

このように見ていくと、予習とイメージトレーニングをきちっとしていけば、ストレート合格することは十分可能です。

小型自動二輪MTの教習の流れ

小型自動二輪の教習は先ほども説明しましたが、実車時間が10時間と限られています。

まずは、一段階から説明していきます。

一段階の1限から見極めまではこんな感じ
時限 内容
1限目 発進、できたら場内を周回
2限目 S字、クランク、一本橋
3限目 シュミレーター
4限目 AT教習
5限目 一段階見極め

大まかにまとめえると以上のようになります。

一段階では左右の確認方法や車線変更のやり方は習わず、大まかにバイクを動かせて安全にブレーキを掛けられるところまでを習います。

そのため、見極めではあまり落ちることがありませんが、見極めまでに、2回しかミッションバイクに乗ることができまいのはかなりネックです。

しかも、2限以降はシュミレーターとAT教習が挟まるので、ミッションの間隔がなくなってしまうという人もいると思います。

二段階の初めから卒業検定まで
時限 内容
1限目 シュミレーター
2限目 急制動
3限目 場内走行
4限目 シュミレーター
5限目 見極め

小型自動二輪MTの教習の二段階では一段階と同様、実車は2回しかありません。

しかも普通二輪では3時間かけて行う急制動の練習も1時間で終えなくてはなりません。

こう見るとかなり忙しいスケジュールというのがわかると思います。

大切なのは予習&イメトレ!きちんとやれば案外簡単です

おすすめの125ccミッションバイク

二輪教習に来ている方たちは、免許をとったら何を購入するかあらかじめ決めているという方は多かったです。

かくいう僕は、YBR125というバイクを購入した状態で教習に臨んでいました笑

教習のモチベーションを保つためにも、あらかじめ何のバイクを購入するのか決めておくとよいかもしれません。

そのため、僕が思うおすすめ125ccバイクを紹介していきます。

コスパ重視のYBR125

小型自動二輪免許MTをとるくらいですから、コストパフォーマンスを重視しているのは間違いないですよね。

僕も購入したのですが、コストパフォーマンス、信頼性といった面で最も優れているのがYBR125です。

YBR125は中国のヤマハが製造している125ccミッションバイクで、日本のYSP(ヤマハの公式ディーラー)も逆輸入&販売をしているバイクです。

つまり、国内に豊富な保守パーツがそろっているということなんです。

さらに、乗り出し価格は中古だと10万円台からと格安で維持することができます。

さらに安いGN125もあり

GN125は古くはスズキが日本国内で製造しており、今では中国で製造されているバイクで、小型自動二輪教習の際にお世話になった方も多いのではないでしょうか?

ちなみに僕もGN125でした。

GN125の良いところはYBR125よりも安い&始動性が良いというところです。

残念なのはバランサーがついていないため、長距離ツーリングですと手がしびれてしまうといったことがあり得ます。

それでも新車の乗り出しが10万円代なので、コストパフォーマンスは最強です。

少し高いけど、CB125Rも楽しめる!

CB125Rはホンダが日本国内向けに製造しているバイクで、あらゆるパーツが良質が使われているんです。

とても125ccクラスとは思えないほどの豪華を備えていますね。

それだけあって、新車の本体価格も44万円とかなり高価です。

コスパ重視ならば逆輸入のバイクを選ぼう

このように、日本国内向けに出されているバイクは高いものが多いです。

もちろん、高い分ABSがついていたり、デジタルメーター、前輪後輪ディスクブレーキなど、より質の高い機能を搭載していることは間違いないです。

しかし、多くの人は小型自動二輪にはコスパを求めますよね?

そうなると、逆輸入されているYBR125、GN125、EN125、CBF125がおすすめです。

まとめ

小型自動二輪MTの教習の大まかな流れはつかめたでしょうか?

何度も言いますがスケジュール的にかなり忙しいので、必ず予習&イメトレをしていきましょう。

そうすることで、ストレートで合格することができますよ。

この記事を書いた人
さの

どうもこんにちは、佐野です。
最近は旅行、ガジェットを中心に記事を書いています。今年は台湾、韓国、マレーシア、オーストラリア、イギリスと海外を多く訪れる予定です。
そのため、旅行もお金がかからないように、マイルを使ったりポイントを使ったりしています。
記事で気になることがあったらコメント欄でお待ちしています。

さのをフォローする

今回の記事が面白かった、役に立ったという方はSNSでシェアしていただけるとありがたいです。

また、シェアボタンの下には関連記事があるので併せてごらんください。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメント