メルペイのあと払いの評判、メリットデメリット、締め日などを徹底紹介!

メルペイ
スポンサーリンク

この記事では、メルペイのあと払いの方法、メルペイの締め日と支払日、審査があるのかどうか、iDでは使うことができるのか、あと払いのメリット、デメリット

を解説していきます。

メルカリ内での決済や町のお店でメルペイを利用する際にあと払いを使いたいという人は必見の記事です。

スポンサーリンク

メルペイのあと払いは画期的なシステム!売上金だけでなく、信用で決済ができる

メルペイは、以前から銀行口座からのチャージ、メルカリの売上金を残高にチャージといった方法で利用することができました。

そして、現在ではさらにメルペイあと払いが導入されています。

ではまずあと払いを使うことができる条件をお伝えしていきます。

メルペイあと払いを使うことができる条件

メルペイあと払いを使うことができる一番の条件は18歳以上であることになります。

それ以外に本人確認をする必要があります。

「メルペイあと払い」では、「アプリでかんたん本人確認」または「お支払い用銀行口座の登録」を行った後に、メルカリでの利用実績等を考慮して上限金額が設定されます。

メルペイ公式サイト「mercariからのお知らせ」引用

 

すでにメルカリを利用している人は上記の設定を済ませていると思いますが、アプリ上で身分証明書のアップロードを行うか、銀行口座を設定して本人確認を行う必要があります。

これを行えばメルカリあと払いを利用することができます。

これだけでApple payであと払いを、メルカリ内であと払いを、コード決済でもあと払いをすることができます。

 

それではあと払いができる、といってもいくらまで利用できるのか気になりますよね?

メルペイあと払いは最大5万円まで利用できる

メルペイあと払いには利用可能額(上限額)が設定されており、人によって異なります。

そして、一番信用の高い人は5万円まで利用することができます。

そこで問題になるのは自分はどの程度、信用されているのか?

 

メルペイでは今までのメルカリの取引情報を基に利用可能額が決められるようです。

つまり、普段の取引の評価や支払いの遅延が無いのかを総合的に判断して、利用可能額を決めています。

未成年は無条件で最大1万円の利用可能額になります。

メルペイあと払いはどうやって支払うの?

メルペイあと払いは支払い方法が二種類あります。

一つはコンビニやATMで支払う方法、もう一つは口座振替で支払う方法です。

コンビニ/ATMで支払いをする方法

  1. 「メルペイ>あと払い履歴>支払い方法」を選択する
  2. 「支払い方法の選択」画面で「コンビニ/ATM払い」を選択する
  3. ご利用するコンビニ/ATMを選択する
  4. 「お客さま番号を発行する」を選択する
  5. 選択したコンビニ/ATMにて清算する

※コンビニ/ATM払いの清算において、売上金/売上金で購入したポイント/メルペイ残高はご利用できませんが、友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイントはご利用可能です。

メルカリガイド公式サイトより引用

お客様番号を発行すればATMやコンビニで支払いをすることができますが、わざわざコンビニへ行くのも面倒だと思います。

そんな方は口座振替をお勧めします。

口座振替で支払いをする方法

    1. 「メルペイ>あと払い履歴>支払い方法」を選択する
    2. 「支払い方法の選択」画面で「口座振替」を選択する
    3. 口座情報、氏名等の必要事項を入力し、「登録」を選択する

※ブラウザアプリが立ち上がり銀行のページへ遷移します

  1. 銀行のページで必要情報を入力し、口座振替の認証を行う
  2. 銀行のページで認証完了後、「メルペイあと払いのページに戻る」を選択して、登録完了

メルカリガイド公式サイトより引用

口座振替であれば、わざわざ面倒な手続きをする必要がありません。

メルペイあと払いの締め日と支払日はいつ?

メルペイあと払いを利用すると、クレジットカードのように締め日と支払日があります。

締め日というのは、締め日までの支払いが支払日に請求される仕組みになっており、

その基準の日にちです。

メルペイでは以下のようになっています。

  • 締め日→10日
  • 支払日→27日

となっています。

例えば、6月27日に支払う必要がある額は、5月11日から6月10日までに決済をした額になります。

 

メルペイあと払いを使うメリット

メルペイのあと払いを使うメリットついて紹介していきます。

 

何回買い物をしても月に一度の支払いだけ

メルペイあと払いを利用すれば、支払いは月に一度だけですみます。

月に何回も現金を下ろしたり、お財布に現金がないといった時でも

買い物をすることができます。

自分で上限額を下げられるので、使いすぎの心配がない

メルペイは上限額が最大で5万円と決まっています。

しかし、使いすぎが心配という人も多くいますよね?

メルペイでは上限額を自分で下げることができるので、使いすぎを防止てきます。

メルペイで決済を繰り返すことで、信用スコアが上がるかも

メルペイは究極的には信用スコアを扱う事業を提供しようとしています。

これはメルカリの2019年6月期第三四半期決算の決済説明会で配布された資料からも確認することができます。

メルペイは事業を3つの段階に分けて展開しようとしており、現在はフェーズ1にいます。

そして、フェース3まで行くと、メルペイなどで培われた取引データを信用スコアとして算出し、

他の企業に提供するといった事業を行うと考えられます。

 

現に中国ではそういった信用スコアを使用して多くのサービスが提供されています。

信用スコアが高い人はホテルなどのデポジットが免除される、住宅ローンの審査が有利になる、

といったことが現実に起きています。

 

逆に言えば、今のうちにメルペイを繰り返し利用し、信用スコアを蓄積しておくと

将来的に良い事が起こる可能性があります。

クレジットカードを発行するよりも簡単にあと払い設定ができる

メルペイのあと払いを利用するのに必要な時間はたったの数分です。

一方、クレジットカードを発行するのに最低でも数日かかってしまいます。

この面でメルペイのあと払いはクレジットカードに比べて圧倒的なメリットとなりますね。

 

メルペイあと払いを利用するデメリット

メルペイあと払いを利用するデメリットについて紹介していきます。

還元率設定が無いので、クレジットカードのほうがお得

メルペイには通常時の還元率設定がありません。

他のキャッシュレス決済アプリであるPayPay、楽天Payなどでは還元率が設定されていて、

0.5%程度の還元が見込まれます。

しかし、メルペイにはそういった還元率は設定されていません。

売上金を利用しても還元されるとなると面倒なので導入していないのかもしれませんね。

クレジットカードの登録ができない

メルペイではほかのキャッシュレス決済アプリで出来る、クレジットカードを登録して決済することができません。

ほかのキャッシュレス決済アプリでは、クレジットカードの還元+アプリの還元でポイントの二重取りをすることができるのですが、

メルペイではそれができません。

メルペイは使うべき?それともほかのアプリを使うべき?

メルペイのあと払いにはメリット・デメリットがある事がお分かりいただけたでしょうか?

 

メルペイのあと払いを使うべき人は、

あと払いを使いたいけど、クレジットカードを発行するのは面倒だな、という人と考えます。

そういった方にはメルペイのあと払いの手軽さが本当に受けると思います。

 

逆に節約をするために、カードやキャッシュレス決済アプリを利用する方にとってはメルペイは選択肢になりませんね。

 

僕であれば、楽天プレミアムカードJALカードnaviを利用しているので、メルペイあと払いを利用するのではなく、楽天ペイやPayPayを利用することになります。

 

ちなみにですが、あと払いでなけでば売上金を利用できるのもメルペイのメリットですので、中学生、高校生も利用することになりそうですね。

 

この記事を書いた人
さの

こんにちは!

普段の買い物で「最大限」お得になる方法や、旅行などの非日常の体験も「最大限」お得にできる、そんなコンテンツを提供する「おたく」な情報を提供するメディアを目指しています。

さのをフォローする

コメント