JAL naviカードとANA学生カードなら絶対にJAL naviカードを発行すべき理由

jal naviカード
スポンサーリンク

どうもこんにちは。JAL naviカードでJALマイルを貯めている大学生ブロガーの佐野です。

日ごろ、JAL naviカードの特典がどれ程優れているのかをかなりお伝えしているのですが、

今回は、JAL naviカードとANA学生カードのどちらを発行すべきなのかについてお伝えしていきたいと思います。

結論から言えば、圧倒的にJAL naviカードを発行すべきです。

この記事ではJAL naviカードを発行すべき理由についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

JAL naviカードが圧倒的にANAカードより優れている点

JAL naviカードは圧倒的にANA学生カードより優れている点があります。

JAL naviカードを持っていると、通常よりも簡単に特典航空券を発券できるようになります。

減額マイルで大学生でも特典交換がしやすい!

通常、JALもANAも国内線の往復特典航空券を発券するのに、12000マイル必要です。大人であれば、簡単にためることのできるマイルですが、学生はカードの決済額が少なく、

大人より不利になってしまいますよね?

JALはその点、大学生にとんてもないすごい特典をくれているんです。

それが、減額マイルです。

減額マイルはJAL naviカードを保有している方には、なんと、通常必要な12000マイルの半分の

6000マイルで往復の特典航空券をとることができてしまいます。

しかも、1区間3000マイルで交換できるため、片道は3000マイルを使い、片道はお金を払って航空券をとるといったこともできてしまいます。

そのため、大学生がJAL naviカードを持つことで、簡単に全額の飛行機代を無料にできてしまうんです。

しかも、この減額マイルは実は海外にも適用されるんです。

例えば、韓国へは7500マイル、台湾へは10000マイルで行くことができます。詳しくは以下の記事をご覧いただきたいのですが、この減額マイルという制度がいかにお得なシステムなのか理解していただけたと思います。

この特典のおかげで、私も広島に行く際にマイルで航空券をとったので、旅行代が劇的に安くなりました。

その旅行の様子は以下の記事でご覧ください。

この時は、飛行機代を安く済ませることができたので、シェラトンに宿泊することができました。

また今度は羽田~那覇間の往復航空券もとることができたので、飛行機代は無料で旅行することができ、ハイアットリージェンシー那覇にラウンジアクセス付きのプランを予約することができました。

浮いた飛行機代で、こんな良いホテルに泊まれるなんて本当に幸せになれます。

他にも、直接JALマイルに移行されることなどのメリットもあるのですが、基本的にはJAL naviカードの特典でANAと異なる得点は、「減額マイル」があるのかどうかです。

そして、これがかなり違ってきます。

まとめ

マイルで特典航空券に交換しやすい、これだけで、JALnaviカードを選ぶべきです。

おなじ決済をするにしても、一か月5万円、年間で60万円の決済をするとなると、JAL naviカードであれば一年に一回無料で旅行できることになりますが、ANAだとその倍の2年かかります。

よって、JAL naviカードを絶対に選ぶべきです。

コメント