大学生が楽天プレミアムカードを発行! プライオリティパスをゲットして快適な旅行を!

楽天カード
スポンサーリンク

どうもこんにちは。

旅行が大好きで、クレジットカードの特典やマイルなどを調べまくっている大学生の佐野です。

大学生といえば、暇な時間が多く、夏休みも異様に長いため、海外旅行などに行く機会も多いですよね?

法学部なので授業の出席もないので、さぼりまくってます笑

そこで、今回旅行をするのにとても便利な楽天プレミアムカード大学生でも発行できるのかを検証してみました。

何が便利なのかというと、海外旅行保険が充実していたり、空港ラウンジを使えたりetc…とたくさんあります。

詳しくは記事の後半で紹介します。

まずは、大学生でも楽天プレミアムカードを発行できるのかを紹介します。

スポンサーリンク

大学生でも楽天プレミアムカードを発行できるの?

結論から言うと、

大学生でも楽天プレミアムカードを発行できます。

僕の場合は、申し込んでから1分後にカード発行完了のお知らせが届きました。

ということで、大学生でも発行できるのですが大学生がいきなりプレミアムカードに申し込んでも、これほどすぐに審査が通るわけではないと思います。

そこで、大学生でも楽天プレミアムカードを発行する方法を紹介します。

大学生が楽天プレミアムカードを発行する方法

大学生が発行するには、まず通常カードを発行し、その通常カードを楽天プレミアムカードに切り替えるという方法が一番おすすめです。

 

楽天カードには主に4種類あり、

左から楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカード、楽天カードです。

年会費
楽天ゴールドカード 2160円
楽天プレミアムカード 10800円
楽天ビジネスカード 2160円
楽天カード 0円

年会費は上記のようになっていて、多くの方が申し込むのは年会費0円の楽天カードです。

そして、通常カードで支払い実績を貯めましょう。クレジットカードは信用情報がとても大事で、大学生でもきちんと支払いができることを証明しなければならないからです。

 

ちなみに

僕の場合は4か月間楽天カードの支払いをきちんと行いました。

楽天プレミアムカードを発行する前に、楽天カードで数か月間支払い実績を作ろう
楽天カードで数か月分の実績を作ったら、次は楽天プレミアムカードに切り替えることで、僕のように大学生でも楽天プレミアムカードを発行できます。
ただ、学生の申し込みはできないようになっているので、自分の職業をパート・アルバイトと設定する必要があります。
僕は、申し込む直前に、学生からパート・アルバイトに変更したので、変更するタイミングはいつでも大丈夫のようです。
職業を学生からパート・アルバイトに変えよう
こうすることで、大学生でも楽天プレミアムカードを発行できます。
では、楽天プレミアムカードを発行すると、どのようなベネフィットを受けられるのかを紹介していきます。このカードの特典では旅行に役立つものばかりで、持っている大学生はお得に旅ができます。

楽天プレミアムカードの特典詳細

先ほど紹介したように、年会費が10800円かかる楽天の上位カードです。

年会費がかかる分、とってもお得な特典を受けることができます。

特典1 プライオリティパスを無料ゲットできる

楽天プレミアムカードを発行した多くの人は、プライオリティパス目当てだと思います笑 そして大学生がプライオリティパスを持っていたら、まだ大学生なのに

空港を利用する際に、ラウンジに入ることができてしまうんです!

ラウンジとは、飛行機に乗る前に食事やアルコールなどを無料で楽しむことができる場所で、

通常は入ることができません。

ラウンジに入るには、航空会社の上級会員になったりビジネスクラスに乗るなどが必要なのですが、

大学生がそれをやるのは難しいですよね?

ただ、プライオリティパスを持っていればラウンジに入ることができるんです。

何度も言いますが、大学生でここに入れるのはすごいですよね。

では、どこのラウンジに入れるのか気になりますよね?

プライオリティパスでは入れるラウンジ

プライオリティパスを持っていると、世界中の1200以上の空港ラウンジを利用できます。

日本の空港であれば、成田空港で大韓航空のビジネスクラスラウンジを利用できたり、関西国際空港では、3100円までのお好み焼きが無料になったりと多くの空港で利用することができます。

また、海外のラウンジはさらに豪華で、ビュッフェたアルコール飲み放題、シャワーを使えるなど素晴らしいラウンジばかりです。

しかも、大学生がよく利用するであろう、LCCでもラウンジを使えてしまうんです!

ちなみにですが、このプライオリティパスを普通に手に入れるには最低でも年間99ドルを支払う必要があります。

しかも、99ドルで入手できるプライオリティパスはラウンジを利用するたびに32ドルかかるなど、使い勝手がよくありません。

しかし、楽天プレミアムカードだと、年会費が429ドルもするプレステージのプライオリティパスを入手できるんです。

これを大学生が入手出来たら、20歳でも快適な旅行になること間違いなしですよね。

ただ、楽天プレミアムカードのすごいところはこれだけではありません。

特典2 国内線のラウンジも使える

先ほど紹介した、プライオリティパスを持っていると利用できるラウンジは国際線に乗った時なのですが、楽天プレミアムカードを提示することで国内線のラウンジも使うことができます。

日本のほとんどの空港でラウンジを利用できます。

しかも、楽天プレミアムカードでは、他社のクレジットカードの上位カードでなければ利用できないラウンジも利用できます。

例えば、広島空港のラウンジもみじラウンジですが、dカードGOLDではラウンジ利用ができませんが、楽天プレミアムカードでは利用できます。

 

ちなみに、国内線のラウンジはこんな感じです。

お酒は有料のところが多いですが、ソフトドリンクは飲み放題で、すべての席に電源があるなどかなり快適です。

楽天プレミアムカードはラウンジ利用以外にも、海外旅行傷害保険が付帯する特典もあります。

特典3 無料付帯の海外旅行傷害保険が充実

海外旅行の際にけがをしたら高額の請求が待ってます。

日本だと、健康保険のおかげで3割負担で済むのが、海外では100%請求されます。

そんな時に利用できるのが楽天プレミアムカードに付帯している海外旅行傷害保険です。

私の記事で紹介したのですが、楽天の無料カードでもかなり手厚い保険になっているのですが、楽天プレミアムカードは保険が強化されています。

けがをした際や病気になった際には300万円までの補償がついていて、ほかに携行品損害に50万円など、かなり充実した保険が付帯してきます。

旅行好き大学生が持っているであろうJAL naviカードでも障害治療費用は50万円までと、すくないのでこの額は安心できます。

特典4 トラベルコース選択でポイントもたまり、手荷物送料も無料

楽天プレミアムカードには優待サービスがあります。

楽天市場コースとトラベルコース、エンタメコースの3つから選ぶことができ、

旅行好きの方におすすめなのはトラベルコースです。

楽天市場コース トラベルコース エンタメコース
特典1 ポイント一倍加算 ポイント1倍加算 Rakuten TVご利用分ポイント1倍加算
特典2 なし 手荷物宅配サービス 楽天ブックスご利用分ポイント1倍加算
特典3 なし 国内宿泊ご優待サービス なし

トラベルコースを選択すると、楽天トラベル利用で、ポイントが1%分多く加算され、年二回まで手荷物を無料で宅配してくれます。

利用できる空港は成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港で利用できます。

帰宅の際に、いちいち手荷物を持っていると邪魔ですよね。

それを無料で送れるのはかなり便利ですね。

まだまだ多く特典がある楽天プレミアムカードですが、通常カードから切り替える際のキャンペーンが開催されています。

切り替え特典で最大5500ポイントもらえる!

通常カードやゴールドカードから、プレミアムカードに切り替える場合に、入会特典として最大5500ポイントもらうことができます。

まず、自動的に入会特典5000ポイントがもらえ、キャンペーンにエントリーすることで500ポイント多くもらうことができます。

ポイントの付与時期はカード申し込み後の2か月後の20日ごろに付与されます。

タイミングが開くので、気を付けてください。

まとめ

楽天プレミアムカードは、大学生でも発行できるクレジットカードで、旅行好きであれば持っておいたほうが良いカードというのがお分かりいただけたでしょうか?

プライオリティパス無料だけでなく、旅行保険や手荷物配送無料など多くの特典がついています。

それで年会費が10800円というのはお得だと思います。

是非、プライオリティパスが欲しいという大学生は発行してみてはいかがでしょうか?

先ほども説明したように、即発行というわけにはいかないのでまずは、数か月間通常カードを利用して、利用実績を作って、申し込んでみましょう。

旅行好き大学生に一番おすすめのJAL naviカードは持ってますか?

大学生に一番進めたいクレジットカードはJAL naviカードというものです。

国内線往復6000マイルと通常の半分以下のマイルで、特典航空券が取れてしまうすごいカードです。

まだ発行されていない方や、どんなカードなのか詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

 

新着記事

僕が書いた新着記事が、ありますので、併せてごらんいただけると嬉しいです。

また、SNSでシェアしてもらえるとさらに喜びます。SNSボタンの下のほうには、関連記事があるので、そちらもご覧いただけるともっと喜びます。

 

コメント