[大学受験]過去問はいつから始めればいいの?受験生の悩みを解決

スポンサーリンク

学校などで7月から9月あたりに、「そろそろ過去問をやるように」と指示されますよね。

しかし、先生や塾によっていつごろから始めればよいのか指示が違うことは多々あります。

そこで僕の体験談を交えながらいつから過去問を始めればよいのか、更にいつまでには過去問を始めなくてはならないのかを話していきます。

ちなみに僕は本当に勉強ができない状態から、夏に一気に成績を上げて大学受験を突破しました。

僕が夏以降にどのように勉強したのかは上記記事でまとめています。

では、赤本などの過去問をいつから始めればよいのかについて話していきます。

スポンサーリンク

過去問は9月~10月に始めよう

始めに断っておきますが、過去問を始めることができる知識があればいつからでも始めてしまった構いません。

人によっては夏になるし、場合によっては夏前かもしれません。

しかし、僕が紹介する半年マーチという目標を突破するには夏中に過去問を始める必要はないと考えています。

 

まず結論からですが、9月から10月の真ん中までに過去問を始めてください。

この期間には必ず過去問演習を始めなくてはいけません。

 

ではどうして9月から10月の真ん中には過去問演習を始めなくてはいけないのか、

更になぜ夏に無理して始める必要が無いのかについて紹介していきます。

夏の間に過去問を始めても、太刀打ちできない

僕の勉強法は夏に一気に英語、社会、古典をマスターするというもので、

これらの知識をマスターしていないにもかかわらず、過去問演習を始めても太刀打ちできずに終わってしまいます。

例えば、のび太がドラえもんの道具を借りずにジャイアンに戦いを挑むとしてください。

結果はのび太がぼろ負けですよね?

 

このように大学受験に必要な知識をまだ身につけられていないのにもかかわらず、過去問演習をしても全く問題が解けずに終わってしまうだけなんです。

 

そのため、まずは大学受験に必要な知識を身に着けなければいけませんし、

8月に無理して過去問演習をする必要は全くありません。

 

夏の間は徹底的に過去問演習に耐えうる知識をつけることに専念してください。

過去問演習を始めるまでに終わらせなければいけないこと

過去問演習を遅くとも10月の真ん中までに始めなければいけないということは、

そこまでに終わらせなければいけないものがあるということです。

  • では何を終わらせなければいけないのか、以下にまとめてみました。
  • 英単語→ターゲットSection15まで
  • 英文法→すべて完成
  • 英語長文→精読

英文法はスタディサプリの関先生の授業(すべて受講)で完璧にし、長文は肘井先生の物を半分まで進めた段階で

過去問演習に臨むことにしましょう。

 

繰り返しになりますが、全体的な知識が入っていない段階で過去問演習に入っても何もできずに終わるだけです。

最後に

これから多くの受験生は過去問演習をすることになります。

そして、なんども打ちのめされることでしょう。最低点に達しない、ほとんどバツがついた、などなど。

でも、4つの選択肢のうち、一つも絞れずに×がついたのか、二択までしぼってだめだった、など
間違いにも種類があります。そういったことを細かく分析していってください。では第一志望合格の
為に頑張っていきましょう。

過去問演習をどのように進めればよいのかについて以下の記事がおすすめです。

大学受験の過去問はいつまでに始めればよいのか:関連記事

1、[赤本に納得いかない?]過去問で赤本以外の解答・解説を知る方法

2、過去問演習で合格点に届かない時の対処法

3、大学受験単語帳・ターゲット1900はどう使えばいいの?徹底的に使い倒した私がおすすめする使い方&勉強法

4、[大学受験]古典・漢文が苦手な場合の対策は? 古文ができると国語が超安定する

5、明治大学で受かりやすい学部は??

この記事を書いた人
さの

どうもこんにちは、佐野です。
最近は旅行、ガジェットを中心に記事を書いています。今年は台湾、韓国、マレーシア、オーストラリア、イギリスと海外を多く訪れる予定です。
そのため、旅行もお金がかからないように、マイルを使ったりポイントを使ったりしています。
記事で気になることがあったらコメント欄でお待ちしています。

さのをフォローする

コメント