[受験生の不安を解消]本当に成績が上がるのか

スポンサーリンク

当サイトが掲げている半年マーチからわかるように、この記事は今まで勉強をしてこなかった方たちが多く見ていると思います。

スポンサーリンク

本当に成績が上がるの?

その人たちは、勉強を始めても何からやればいいのかわからないし、模試でもひどい点数ばかり。

そして、最終的には自分を責めてしまいます。”もっとはやくやっていれば””自分の頭じゃできない”
こんなことが頭によぎると思います。かくゆう私がそうでした。

変な大学に行ってしまい、もしくはどこも受からずに専門学校に行くことになり・・。こういう妄想ばかりが浮かんでしまいます。

まず、結論から申し上げますと、成績は”かならず”伸びます。安心してください。

ただし、正しい方法で勉強を続けた場合にです。では正しい勉強法、ってわかりますか?

ここからは正しい勉強法を解説していきます

正しい勉強法①知識系をおろそかにしない

勉強で今すぐに上がるのは、漢字と社会です。社会は人間やろうと思えば一日ですべてを数周できますし、一週間本腰を入れて臨めば、点数はそれなりに伸びる科目です。

また、学習院大学が特徴的ですが、漢字はおろそかにしないことです。

書店などで大学受験用の漢字集が売っていますので、それを利用して、ひたすら埋めていってください。例えば、これだけで社会は大幅に伸びますし、国語も微増ですが伸びます。成績が伸びないと悩んでいる受験生は知識がおろそかになっていませんか?

漢字は出ない大学も多いです。真っ先にやる必要があるのは社会です

正しい勉強法②初めて一か月もたっていないのに成績が上がるわけがないので勉強を継続する

①で書いたようにすぐに伸びる科目もあります。

しかし、英語や国語(読解)はそう簡単に伸びるものではありません

特に模試などでは英語と国語は時間切れになることが多く最初のうちは自分の実力すら発揮できない状況です。その状況では、すべての知識を知っているわけではないので必然的に成績は上がらないんですね。

ですので、さらに勉強を続けてみてください。例えば、今が8月ならば12月まで続けてください。そのころには、大幅に成績が上がっているはずです。

正しい勉強法は継続して勉強をするということです。そして上がりやすい教科、上がるのに時間がかかる強化をきちんと理解することがです。

正しい勉強法③ 大学受験はそれほど難しくはない事を理解する

たしかに大学受験は、確かに参考書のレベルや内容が高校授業の比ではありません。

ただし、それはあなたが理解できない、できないレベルではないということです

どんな人でも勉強は上がります。

現に、何回も浪人をする人というのは、かならずさぼっています。予備校の食事スペースに行ってみてください。必ず、どの予備校にもずっとしゃべっている浪人生がいます。

そういう勉強をしない人からの話で大学受験は難しいなどが広まってしまうのです。

正しい勉強法ではそういう人たちに耳を貸さないことです。

正しい勉強法④ 模試の偏差値を理解する

模試には偏差値がのっています。その偏差値は平均点をとった場合に50になります。つまり、平均から離れれば離れるほど偏差値は上がりやすくなるのです。例えば偏差値が40から45に上がっていたとします。しかし、その次の模試では47にしかなりませんでした。それは自分の学力の伸びが落ちている、といえるでしょうか。答えは言えません。

偏差値というのはこのように曲線のようなものなのです。真ん中が偏差値50なのですが、真ん中ほど人が多いのです。つまり、偏差値50を超えるのが意外と難しいのです。そして、50を超えたとしてもその付近は人が集中しているため、しばらく上がりにくい状況が続きます。

しかし、そこを我慢して勉強を続けてください。こういうところでやめてしまうことが非常に多いのです。でもこの先成績が上がるということはこの世で誰が知っているのですか?

しいて言うならば神様くらいですよね。

あと少し頑張れば成績は上がるのに、そこの一問で手を抜かなければ成績は上がるのに、そこで放棄してしまうから成績が上がらないのです。

そのため正しく勉強をしていくと、偏差値が上がらないということでいちいち落ち込んでいる暇はないわけです。

正しい勉強法⑤ 間違いにも程度がある

たとえば、センター試験の過去問を解いたとします。そして、Aさんは四択問題をすべて絞ることができずに0点でした。Bさんは二択まで絞ったけど0点だった。

こういう例であると、明らかにBさんはすぐに成績が伸びます。基本的に大学入試の問題は最後に二択になると一般的に言われています。四択ならば二つには明らかな間違いがあります。こういうように、間違いにもグレードがあるのです。間違いをそのままにするのではなく、なぜ間違えたのかを徹底的に分析をすること。

これが成績を上げるコツであり近道なんです。

一番大事なのは成績が上がらない時期に耐えて勉強をすること

まず勉強をしても成績が上がらない、という方に一番言いたいことは②で説明した、すぐには上がらないものもあるということです。

それを理解したうえで①から⑤を確認してみてください。

どこかに自分の思い違いなどがあるはずです。

最後にひとつ伝えたいことは、可能性はあなたの中にある、ということです。
あなたがあきらめればそれで終わり。あなたがあきらめなければ、可能性は残ります。

ぜひ頑張ってください。

コメント