バイク初心者が原付のエンジンオイルを交換して分かったこと

DIY
スポンサーリンク

 

どうもこんにちは。

一年ほど前に、ジモティーで中古のレッツIIを購入しました。

実は、あんまり乗る機会が無く、手入れも全くていませんでした笑

ということで、バイク完全初心者が、レッツIIの手入れをしていきます。

初心者で素人のため、細かな作業工程の違いなどがあるかもしれませんが、何卒温かい目でご覧ください。

スポンサーリンク

レッツIIのエンジンオイルを補充する!

今回やる事は、エンジンオイルの継ぎ足し?です。

てっきり、エンジンオイルを抜いて交換するのだとばかり思っていたのですが、レッツ2は2サイクルエンジンのため、エンジンオイルは継ぎ足していくようです。

エンジンオイルって何ぞや?という人のために、軽く説明しておきます。

エンジンオイルって何?

エンジンオイルは金属などの機械を円滑に動かしたり、熱を吸収したり、パワーを維持するために使われているようです。

エンジンオイルはいろいろなグレードがあるようで、今回はおそらく一番グレードの低いエンジンオイルを購入したようです。

まあ、ジモティーで購入した中古の原付なのでこのくらいがお似合いでしょう。

 

では次に、必要なものを準備していきます。といっても、手元には何が必要かわからなかったので、ざっとインターネットで調べて準備してみました。

エンジンオイル補充に必要なもの

  1.  2サイクルエンジン用エンジンオイル
  2.  ペットボトル

僕が用意したのは、上記の2つだけです。

エンジンオイル自体は、ホームセンターで売っていて、500円ほどで購入できました。もっと高いものだと思っていたので意外でした。

2サイクルエンジンと4サイクルエンジンでは先ほども説明したように構造が全く異なるので、絶対に間違えて利用しないようにしましょう。

あらかじめ、どちらのエンジンなのか確認してから作業を始めてください。

2ストと4ストを間違えないようにしよう

そしてペットボトルは500mlのペットボトルを用意しました。(何でも大丈夫です)

手元に開いているペットボトルが無かったため急いで飲み干しました笑

これを使って、作業していきます!


作業開始

まずは、ペットボトルを二つに切り、エンジンオイルを継ぎ足せるようにします。

こんな感じで切って、利用します。

次に、エンジンオイルを継ぎ足す場所を探します。

ガソリンタンクの横にOILと書かれています。

ここにエンジンオイルを入れていきます。

エンジンオイルのふたを開けます。

汚いですが、ご容赦ください。

そして、全然オイルが入ってないんですが、かなり危ない状態だった?

次に先ほどのペットボトルを半分に切ったものをぶっ挿します。

こんな感じです。こうするとエンジンオイルを入れやすいですよね。

そして、エンジンオイルのふたを開け、適量を入れます。

というか素人だったのでとりあえず、ふたを閉めたときに漏れないくらいに入れればいいのかな?と思ったのでそのくらい入れました笑

まあ、大体こんなもんかなというところでストップ

これで、ふたを元に戻して完成です。

これだけで簡単にエンジンオイルの補充ができてしまいました!

2サイクルエンジンの場合はエンジンオイルの補充がより簡単にできるようです。

これで、レッツ2もまだまだ走ることができそうです。

まとめ

バイク初心者でも簡単にエンジンオイルを補充することができました。

今回はレッツiiのエンジンオイル補充でしたが、全体的に砂汚れや錆がひどい、シートがボロボロ、アイドリングの不安定、ウインカーが入りにくい、バッテリーが弱ってる、などがあるので今度は本格的に整備していきたいと思います。

整備の順番としては、洗車→シート張替え→キャブ分解洗浄→ウインカー修理→バッテリー交換で進めていきたいと思います。

すべての整備で4000円程度で済むといいのですが、果たしてどのくらいで整備できるのかもお楽しみですね。

 

初心者なのでわからない部分もありますが、今後もバイクの整備記事を見ていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

コメント