[購入レビュー]BKSPN13リーディングエッジ・スピンバイクを購入

スポンサーリンク

今回はリーディングエッジのスピンバイクBKSPNをAmazonで購入したのでレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

購入したBKSPN13はアルインコ製

Amazonにて33000円程度で購入したスピンバイク、BKSPN13はリーディングエッジという会社が発売しております。

どんな会社なのか?と思っていましたが、製造元はアルインコで足場の建設からフィットネス系の商品を開発しており、東証一部に上場している立派な企業です。

サポート等もリーディングエッジが行うのではなく、アルインコが行っており、安心して利用できると思い購入しました。

Amazonで購入し、さっそく届いたのがこの箱。

後ろのドアが見えると思いますが、その二倍くらいの大きさ。

重量自体も相当重く、大変でしたが何とか開封しました。

設置完了から使ってみた

梱包材等のゴミは多く出ましたが、組み立て自体は簡単で15分程度で終えました。

早速出来上がったのがこちら。

汚い部屋でお恥ずかしいですが、

設置してみて感じたのは思っていたより大きいということ。

部屋の5分の1程度のスペースを占めてしまうため、あらかじめ部屋の大きさを考えておくべきでした。

椅子の調整やハンドル位置調整ができ、快適なポジションでこぐことが出来る

スピンバイクを購入したからには、快適なポジションでこぎたいですよね。

公式サイトによると、サドルは9段階調節、ハンドル部分は6段階調節も調整ができるとのこと。

実際、上記のようなねじ部分を回すことでサドル調整をすることが出来、大柄な人から小柄な人にフィットするほど、調整ができました。

最大13kgの負荷をかけることができる

ノブをひねると、下部にパットを動かすことが出来、その圧力によって負荷をコントロールすることができます。

BKSPN13では最大13キロの負荷をかけることができます。

正直、初心者の私にとっては少しの負荷で十分なのであまり使わない機能ですが、上級者の方でも満足できる負荷なのではないでしょうか。

その他の機能

機能自体は、消費カロリー表示、スピード表示、距離表示、時間表示、心拍数測定の5機能があります。

測定機能は、製品前方にあるパネルで管理されており、アップ・ダウンを押すことで表示切替をすることができます。

この中でもカロリー表示は重宝しており、食前・食後に150キロカロリー分ずつ運動するなど目標を決めて利用することが出来大変便利です。

心拍数表示は本当にこの数値なのか疑問

心拍数表示は有酸素運動をするうえで、有用な指標だと思います。

BKSPN13では心拍数表示をすることができますが、どのように頑張っても130程度までしか上がりません。

また一度手を放して再度計測を行うと、70から始まり、120程度で止まってしまうことも多々あります。

この点、心拍数表示はおまけレベルと言わざる負えません。

一週間ほどで異音がしたため、サポートに連絡

一週間ほど一日20分の利用をしていたところ、「カンカン」という金属部分の異音が発生しました。

最初は小さな音でしたが、徐々に大きな音になってきたため、サポートに連絡をしました。

すると、交換対応をしていただけるとのこと。重いものだから、新品の物を組み立てて、指定の場所まで運んでいただけるとのことでした。

日程調整をし、当日ヤマトホームコンビニエンスが来てくれました。

二階に設置したかったので、毛布などを利用して傷がつかないように運んでくださいました。

配送料金や追加の料金は取られず、問題のない品物が来たので、サポートに関しても問題ないかと思います。

Amazonのレビューでは初期不良品が多いのかも

Amazonのレビューを見てみると、初期不良品の報告がやや多いのかなと感じられました。

格安の商品ですし、アルインコや販売元のリーディングエッジも、安さのために初期不良品は配送後に交換対応としているのかもしれません。

まとめ

総合的に価格相応の商品です。

スピンバイクで、ある程度距離やカロリー表示もでき、13キロまでの負荷をかけることが出来る商品の中では、値段相応だと感じました。

他にも良いバイクはたくさんありますが、コストパフォーマンスの観点からこちらの商品を選択される方も多いかと思います。

一つ言えるのは、日本製の品質を求める方はあまりお勧めしません。この商品は値段相応かつ、何かあればきちんと対応はしてもらえる、そういった商品です。

最初から完璧を求められる方は国産のスピンバイクを購入されることをお勧めします。

一方で、コストパフォーマンスを求める方にはおすすめの商品です。

スピンバイクで、不可を変更でき、距離や速度等、消費カロリーを図ることが出来て3万円代はお得といえます。

コメント