30日間糖質制限をして分かった3つのこと

スポンサーリンク

体重増加、いまや多くの人がこの問題に悩んでいるのではないでしょうか。僕はそれから脱却したくて糖質制限をすることにしました。今回は糖質制限から30日経過して、分かった3つのことをお伝えしていきたいと思います。

絶賛糖質制限中の、大学生佐野です。
ちなみにですが、ダイエットをする前のスペックを紹介します。
体重 70kgジャスト
身長 172cm
年齢 21
高校生の時はサッカー部だったこともあり、腹筋は割れていて、きれいな体型でした。ただ、大学に入り、飲んで食べて寝てを繰り返しているうちに知らぬ間にぶくぶく太ってしまったんです。
そこで、ダイエットをしなければと決意したわけです。
スポンサーリンク

糖質制限を初めて分かった3つのこと

分かったこと1:最初はかなりつらい

最初の3日間は本当にしんどかったです。今まではご飯を大盛りでよそって、おかずも好きなだけ食べて寝るという生活を繰り返していました。今まで口にしていたものは糖質の塊だったんです。

糖質制限をする前の自分の一日はこんな感じでした。

  • 朝ご飯はコンビニで、シャキシャキレタスサンド、フライドチキン、おにぎり、アイスコーヒー
  • おなかがすいたら、コンビニでシャキシャキレタスサンドと、おにぎりを食べる
  • お昼は大学の近くの家系を食べ
  • 夕飯はご飯大盛りをお代わりし、
  • 夜食に牛丼大盛り

今思うと信じられないほどの糖質をとっていますね。これだと太るのも当たり前ですよね。

ただ、これをいきなり変えるというのはなかなか難しいものがありました。現に過去に糖質制限ダイエットをするといって、全く続かなかったこともありました。しかし、本格的に痩せなければと思ったことがあったんです。

友達が痩せて驚いた

北海道に友達とスキーをしに行った時に、一緒に温泉に入りに行き、夏までは自分のほうが細かったにもかかわらず、その子はジムへ通いなんと63kgだったのです。

思わずびっくりしてしまうほどの体重で、自分もはかってみたところ70kgジャスト・・・。こんな恐ろしい事はあるのかと思って、ここでようやく本格的にダイエットしなければと思い立ちました。

そこからは、本格的に糖質制限を続けています。

分かったこと2:結果はすぐに出る

糖質制限ダイエットの一番の特徴は、結果がすぐに出るということです。特に最初は水分が抜けるらしく、簡単に1キロくらい落ちます。僕の場合は1キロでしたが2キロ以上落ちる人もいるそうです。

自分はあっさり体重が落ちたことから、三日坊主にならずにすみました。ただ、最初は何が糖質が入っているのか、ダイエットにいいと思っていた春雨スープも食べられないなど、何を食べることができるのかわからないので、食べるメニューが制限されがちでした。

3、意外となれてくる

糖質制限をやって、しばらくたつと(体感的には1週間)体が慣れてきます。以前であればお肉にはかならず白米がないと変な感じでしたが、お肉とブロッコリーや野菜という組み合わせで十分に満足ができるようになってきました。

そして、このころになると何を食べてよくて、何を食べてはいけないのかがわかってきます。そのため、飽きがなくなってきて、食事が楽しくなってきます。糖質制限を続けられるか、続けられないかの差はこの「慣れ」が起きるまで我慢できるかだと思います。

続けていくうえで特におすすめなのが、ファミレスです。

ガストが糖質制限に最強

ガストというと山盛りポテトフライなど炭水化物のイメージしかなかったのですが、意外にも糖質制限をしやすいファミレスだということがわかりました。

例えば、若鶏のグリルはソースを抜きにしてもらえばほとんど糖質はありませんし、糖質0麺や一日分の野菜のベジ塩タンメンなど糖質が抑えてあるメニューが豊富にそろっています。

それに加え、サラダもファミレスの中では安く提供されています。糖質制限はいきなりステーキなどどうしてもお金がかかりがちなので、安くおなか一杯になれるガストは何気に糖質制限をサポートしてくれます。

他にも、壱角家のベジタブルラーメンにはお世話になりました。脂が多い分、お昼にしか食べていませんが、糖質が90%以上カットされているので、安心して食べることができました。

チャーシューは糖質が少ないので、トッピングもできちゃいます!

30日間続けた結果

体重が67kgまで落ちました。合計3kgダウンです。

もう少し落ちるかなと思っていたのですが、それには全体的に運動量を増やして脂肪を燃焼する時間を作ってあげる必要があるのかなと思います。ただ、最初の数日を越してしまえばほとんど問題なく、続けることができました。

今回はまだ1か月しか続けていないのでここからの1か月は運動を増やしながら経過を見守っていきたいと思います。

 

 

 

 

コメント