[ios]楽天モバイルでエリア内なのにパートナー回線につながってしまうときの対処法

スポンサーリンク

楽天モバイルは一年間無料のため、お試しで利用されている方が多いと思います。

しかし、まだまだ電波が弱いため、エリア内でもパートナー回線(特にKDDI)につながってしまい、

すぐに上限に達してしまう方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

かくいう私も、楽天回線だと思って使っていたら、パートナー回線を使っており、上限に二日で達してしまいました。

そこで今回は楽天モバイルでエリア内なのにパートナー回線につながってしまう時の対処法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

まず用意するもの(アプリ)

まず楽天モバイルのアプリを用意し、ログインをしておいてください。

ここから簡単に楽天モバイルのエリア内で、楽天の電波のみをつかむことが出来ます。

やること1:設定→モバイル通信→モバイル通信プラン内の楽天を選択

まずiosの設定を開き、モバイル通信からモバイル通信プランと書かれている中の楽天を選択してください。

端末内に楽天モバイルのsimのみの場合は主回線と表記されているかもしれません。

やること2:ネットワーク選択から上のRakutenを選択

ネットワーク選択を押すと、通常は自動というトグルがオンになっていると思います。

しかしこの自動設定ではまだまだ楽天モバイルの電波が弱いと判断されると、勝手にパートナー回線に接続されてしまうのです。

そこで、この自動をオフにしてください。

そうするとRakuten等の様々なキャリアの電波が表示されると思います。

自動にするとこの中で最適なものが選択されてしまうので、二つあるRakutenのうち上の方を選択してください。

やること3:楽天モバイルのアプリでデータ高速モードをオフにする

楽天モバイルは楽天エリア内では高速通信となります。一方でパートナー回線内では一定程度を超えると1Mbpsの速度になります。(プランにもよりますが)

この性質を利用し、データ高速モードをオフにすることで楽天エリア内なのか、エリア内なのか簡単に判定することが出来ます。

やること4:スピードテストをして1Mbps以上が出ているのか確認する

グーグルの検索窓にスピードテストと打ち込み、速度を見てみてください。

仮に1Mbps以上の速度が出ていない場合は、やること2で選択したRakutenのもう一方を選択してみるとよいかもしれません。

まとめ

ざっと画像無でお伝えしましたが、楽天エリア内で楽天の電波をつかめない方が多くいらっしゃると思い、

シェアしました。

せっかく無料の楽天モバイルですから、この期間に最大限お得に使いたいですよね。

では、また最新記事等でお待ちしております。

最後まで見ていただきありがとうございました。+

コメント