[スプリングジャパン]新千歳→成田 区間を予約しました。

LCC
スポンサーリンク

どうもこんにちは。

今回はスプリングジャパン(春秋航空)の国内線の紹介をしていきたいと思います。

復興割で安かった

スプリングジャパンは、先日被災した北海道地震を支援するために復興割というキャンペーンを展開していました。現在はすでにそのキャンペーンは終了しており、ごくわずかの枠しかなかったのかもしれませんが、新千歳から成田まで最安で1700円での案内が行われていました。

これが私の予約したチケットです。高いと思われるかもしれませんが、二人分でかつ最も広いシートなんです。

ただ、スプリングジャパンという航空会社は聞いたことが無いという人がほとんどだと思います。ですので、まずスプリングジャパンの紹介をしていきます。

スプリングジャパンってどんな航空会社なの?

スプリングジャパンというのは、春秋航空のことを指します。春秋航空(しゅんじゅうこうくう)は中国の会社であり、それを紛らわすためなのか

日本の国内線においては春秋航空ではなくスプリングジャパンを呼称します。

このように公式サイトもSPRING JAPANとなっており、その下に小さく春秋航空となっています。

ただ、海外の航空会社でLCCだと安全面で心配な方もいるかと思います。ただ、整備はJALに全面委託しており、一定の品質は保証されています。

保有機材はB737-800

スプリングジャパンの保有機材はボーイング737-800となっています。LCCでボーイングだったらほとんどがB737ですが、スプリングジャパンも

ボーイング737を使用しています。

スプリングジャパンは座席が3種類に分かれていて、コンフォートシート、レッグシート、スタンダードシートになっています。

私が今回予約したのはコンフォートシート。WEBから座席指定をすると+1000円で指定することができて、最も広いスペースを利用することができます。

合計4000円で新千歳→成田

今回私が予約した航空券は新千歳 成田間の航空券。一番前のコンフォートシート代も含めて4000円で予約することができました。

コンフォートシートではなく、当日余っているシートを指定すれば3000円という格安航空券。これで新千歳→成田間を移動できるのは非常にコスパがいいと思います。

また、到着予定もやや遅いものの成田に19:00到着なので予定通りのフライトであれば、レガシーキャリアを利用するよりもかなりお得だと思います。この時間であれば在来線で帰宅できますので、相当おすすめです。

 

まとめ

みなさんもスプリングジャパンをぜひ利用してみてください。他のサイトでコンフォートシートの紹介を探したところ、詳細にレビューしている記事は

無かったので、次回の11月のフライトの翌日に、詳細レビューをアップしたいと思います。画像やシートピッチなどもはかってきます。

 

それでは、また!

 

コメント