奥多摩・鳩ノ巣周辺で出来ること!ハイキングや廃墟巡り、沢下りと盛りだくさん!

国内旅行
スポンサーリンク

奥多摩・鳩ノ巣周辺で何ができるのか、お困りの皆さん。

こんにちは。当サイトの管理人の佐野(otaku_info_sano)です。

結論から言えば、鳩ノ巣周辺、奥多摩付近では沢下りや水遊び、キャンプ、ハイキング、廃墟巡りをすることができます!

スポンサーリンク

奥多摩・鳩ノ巣周辺で出来るアウトドア!

沢下りなどの水遊び系、BBQなどのキャンプ系、渓谷周辺の散策、渓谷周辺のハイキングコースをまわる、昔の旅館などの廃墟巡りなど、鳩ノ巣周辺では様々なことを楽しむことができます。

そこでどこのサイトで予約できるのか、具体的にどんな場所で何ができるのかを詳しく紹介していきたいと思います。

都内から中央線と青梅線で2時間程度で行ける場所なのに、川遊びやBBQなど、アウトドアが満載です!

キャンプ場でBBQや釣り、水遊びが出来る!

奥多摩周辺は様々な川があるため、多くのキャンプ場などのアウトドア施設があります。

そこでおすすめのキャンプ場、氷川キャンプ場を紹介していきます。

氷川(ヒカワ)キャンプ場

氷川キャンプ場に宿泊する場合、ロッジとバンガロー、テントを選ぶことができます。

テントに関しては持ち込みになるので、注意してください。

それぞれの料金は公式サイトよりご覧ください。

氷川キャンプ場で出来ること1 バーベキュー

氷川キャンプ場では、屋根付きのバーベキュースハウスが用意されています。

更に宿泊者限定ですが、持ち込みや買い出しなどせず、カレー&バーベキューセットを用意しているので、

手ぶらでも楽しむことができます。

更に周辺には精肉店(徒歩3分)だったり、青果店、タイムズマートが徒歩圏内にあるので

買い出しもすることができます。

バーベキューは16時までなので気を付けましょう

氷川キャンプ場で出来ること2 カヤック体験

大人4500円、子供3000円で約2時間のカヤック体験をすることができます。

午前の部10時、午後の部13時15分と二つに分かれており、初心者でも楽しむことができます。

更に1名あたり12000円とやや高くなりますが、一日かけての川下りもすることができます。

こちらは午前は講習・午後は川下りを楽しむことができます。

氷川キャンプ場で出来ること3 ラフティング

ラフティングも川下りのようなものですが、大人数でやる分安価でやることができます。

こちらは氷川・川合キャンプ場のどちらからでもアクセスできるようです

平日は大人6000円、学生5000円からすることができます。

一方、中学生以上という年齢制限があるのでお子様ずれの方はカヤック体験などをお勧めします。

 

氷川キャンプ場で出来ること4 ます釣り

この釣り場では、えさ釣りやルアーフィッシングをすることができます。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

氷川キャンプ場で出来ることその他

今回紹介しきれませんでしたが、打ち上げ花火や音の出る花火以外の花火、温泉、ビュッフェなど様々なことが体験できます。

是非これを機に奥多摩のキャンプ場であそんでみてはいかがでしょうか。

今回は紹介しきれませんでしたが、アメリカキャンプ村であったり川合キャンプ場など他にも有名なキャンプ場が多くあります。

渓谷などをハイキング

さて、ここまではキャンプ場で出来ることを紹介してきましたが、ここからはキャンプ場の外で何ができるのかを紹介していきます。

奥多摩周辺は様々な山と川があるため、東京都は周辺にハイキングコースを設置しています。

道中ではこのようなつり橋があったりします。(最大人数5人と少し怖いです笑)、

橋の上で写真撮影もよいですし、このような岩を歩いたりもできます。

川が近いので、幻想的な写真も撮ることが出来、非常におすすめです。

山道だったり、岩道だったりを探索することが出来るのは非常に良い経験になります。

公衆トイレもあるなど、ハイキングにはばっちりです。

では奥多摩のハイキングコースを紹介していきます。

ハイキングコース1 大多摩ウォーキングトレイル

公式サイトより引用

このコースは奥多摩駅から古里駅までを歩いていくコースで、私が実際に試したコースでもあります。

ハイキングで初心者でも簡単に行けるコースではありますが、途中岩場など滑りやすい場所もあるため、しっかりとした準備でいきましょう。

このコースの良いところとしては青梅線の沿線を歩いていくので、

途中で疲れたら簡単にリタイアで来るという点ですね。

スタート地点とゴール地点にはコンビニがあるので、そこで買い出しや休憩もできますね。

ふれあい森林浴コース

ふれあい森林浴コース図

公式サイトより引用

このコースは奥多摩駅から始まり、周辺をぐるっと一周するプランです。

途中でキャンプ場などもあるので、ハイキングがてら歩いていくというのも面白いかもしれません。

他のコース

奥多摩町が推奨するルートはまだまだほかにもあり、ハイキング以外にも登山コースもあります。

すべてのコースで注意していただきたいのは、天候が変わりやすく、更に青梅線も運転見合わせになる可能性が高いということです。

天候をしっかりと確認し、事前にしっかりとした準備をして臨むことをお勧めいたします。

 

廃墟巡り

奥多摩はケーブルカーであったり、つぶれた温泉であったりと廃墟でも有名だったりします。

昔は鳩ノ巣などは旅館などが多くあったのですが、今では廃業しているところも多く、

それらが廃墟となっています。

例えばこちら。

旧鳩和荘で、入り口には料金の案内などがありますが、すっかり廃墟となっています。

どこかノスタルジックな感じで、私が訪れた際も廃墟マニアの方?が写真を撮られていました。

このような感じで、当時としては幻想的な旅館だったと思うのですが、窓側れすっかり廃墟になっています。

廃業は1960年代といううわさも聞きますが、真実はいかに。

奥多摩周辺で行くことが出来る有名な廃墟

鳩ノ和荘、奥多摩工業の寮、奥多摩湖ロープウェイができるのか、お困りの皆さん。

 

こんにちは。当サイトの管理人の佐野(otaku_info_sano)です。

 

結論から言えば、鳩ノ巣周辺、奥多摩付近では沢下りや水遊び、キャンプ、ハイキング、廃墟巡りをすることができます!

 

奥多摩・鳩ノ巣周辺で出来るアウトドア!

沢下りなどの水遊び系、BBQなどのキャンプ系、渓谷周辺の散策、渓谷周辺のハイキングコースをまわる、昔の旅館などの廃墟巡りなど、鳩ノ巣周辺では様々なことを楽しむことができます。

 

そこでどこのサイトで予約できるのか、具体的にどんな場所で何ができるのかを詳しく紹介していきたいと思います。

 

都内から中央線と青梅線で2時間程度で行ける場所なのに、川遊びやBBQなど、アウトドアが満載です!

 

キャンプ場でBBQや釣り、水遊びが出来る!

奥多摩周辺は様々な川があるため、多くのキャンプ場などのアウトドア施設があります。

 

そこでおすすめのキャンプ場、氷川キャンプ場を紹介していきます。

 

氷川(ヒカワ)キャンプ場

氷川キャンプ場に宿泊する場合、ロッジとバンガロー、テントを選ぶことができます。

 

テントに関しては持ち込みになるので、注意してください。

 

それぞれの料金は公式サイトよりご覧ください。

 

氷川キャンプ場公式サイト

 

氷川キャンプ場で出来ること1 バーベキュー

氷川キャンプ場では、屋根付きのバーベキュースハウスが用意されています。

 

更に宿泊者限定ですが、持ち込みや買い出しなどせず、カレー&バーベキューセットを用意しているので、

 

手ぶらでも楽しむことができます。

 

更に周辺には精肉店(徒歩3分)だったり、青果店、タイムズマートが徒歩圏内にあるので

 

買い出しもすることができます。

 

バーベキューは16時までなので気を付けましょう

 

氷川キャンプ場で出来ること2 カヤック体験

大人4500円、子供3000円で約2時間のカヤック体験をすることができます。

 

午前の部10時、午後の部13時15分と二つに分かれており、初心者でも楽しむことができます。

 

更に1名あたり12000円とやや高くなりますが、一日かけての川下りもすることができます。

 

こちらは午前は講習・午後は川下りを楽しむことができます。

 

氷川キャンプ場で出来ること3 ラフティング

ラフティングも川下りのようなものですが、大人数でやる分安価でやることができます。

 

こちらは氷川・川合キャンプ場のどちらからでもアクセスできるようです。

 

平日は大人6000円、学生5000円からすることができます。

 

一方、中学生以上という年齢制限があるのでお子様ずれの方はカヤック体験などをお勧めします。

 

氷川・川合キャンプ場で出来るラフティング

 

 

 

氷川キャンプ場で出来ること4 ます釣り

この釣り場では、えさ釣りやルアーフィッシングをすることができます。

 

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

氷川キャンプ場で出来ることその他

今回紹介しきれませんでしたが、打ち上げ花火や音の出る花火以外の花火、温泉、ビュッフェなど様々なことが体験できます。

 

是非これを機に奥多摩のキャンプ場であそんでみてはいかがでしょうか。

 

今回は紹介しきれませんでしたが、アメリカキャンプ村であったり川合キャンプ場など他にも有名なキャンプ場が多くあります。

 

渓谷などをハイキング

さて、ここまではキャンプ場で出来ることを紹介してきましたが、ここからはキャンプ場の外で何ができるのかを紹介していきます。

 

奥多摩周辺は様々な山と川があるため、東京都は周辺にハイキングコースを設置しています。

 

 

道中ではこのようなつり橋があったりします。(最大人数5人と少し怖いです笑)、

 

 

橋の上で写真撮影もよいですし、このような岩を歩いたりもできます。

 

 

川が近いので、幻想的な写真も撮ることが出来、非常におすすめです。

 

 

山道だったり、岩道だったりを探索することが出来るのは非常に良い経験になります。

 

公衆トイレもあるなど、ハイキングにはばっちりです。

 

では奥多摩のハイキングコースを紹介していきます。

 

ハイキングコース1 大多摩ウォーキングトレイル

 

※公式サイトより引用

 

このコースは奥多摩駅から古里駅までを歩いていくコースで、私が実際に試したコースでもあります。

 

ハイキングで初心者でも簡単に行けるコースではありますが、途中岩場など滑りやすい場所もあるため、しっかりとした準備でいきましょう。

 

このコースの良いところとしては青梅線の沿線を歩いていくので、

 

途中で疲れたら簡単にリタイアで来るという点ですね。

 

スタート地点とゴール地点にはコンビニがあるので、そこで買い出しや休憩もできますね。

 

ふれあい森林浴コース

 

公式サイトより引用

 

このコースは奥多摩駅から始まり、周辺をぐるっと一周するプランです。

 

途中でキャンプ場などもあるので、ハイキングがてら歩いていくというのも面白いかもしれません。

 

他のコース

奥多摩町が推奨するルートはまだまだほかにもあり、ハイキング以外にも登山コースもあります。

 

すべてのコースで注意していただきたいのは、天候が変わりやすく、更に青梅線も運転見合わせになる可能性が高いということです。

 

天候をしっかりと確認し、事前にしっかりとした準備をして臨むことをお勧めいたします。

 

奥多摩町/奥多摩トレッキングコース

 

 

 

廃墟巡り

奥多摩はケーブルカーであったり、つぶれた温泉であったりと廃墟でも有名だったりします。

 

昔は鳩ノ巣などは旅館などが多くあったのですが、今では廃業しているところも多く、

 

それらが廃墟となっています。

 

 

例えばこちら。

 

旧鳩和荘で、入り口には料金の案内などがありますが、すっかり廃墟となっています。

 

 

どこかノスタルジックな感じで、私が訪れた際もg廃墟マニアの方?が写真を撮られていました。

 

 

このような感じで、当時としては幻想的な旅館だったと思うのですが、窓側れすっかり廃墟になっています。

 

廃業は1960年代といううわさも聞きますが、真実はいかに。

 

奥多摩周辺で行くことが出来る有名な廃墟

鳩ノ和荘、奥多摩工業の寮、奥多摩湖ロープウェイが有名な廃墟ですね。

奥多摩ロープウェイだけは立ち入り禁止となっており、本来は行くことが出来ない場所です。

他のサイトを参照していってみてください。

いかがだったでしょうか。

今回は奥多摩・鳩ノ巣周辺で出来ることを紹介していきました。

アウトドア関連では何でもできるといっても過言ではない奥多摩。

都内から簡単にアクセスができ、日帰りも可能です。

ですが、ぜひ一泊して週末や休みを満喫したいところですね。

それでは今回は記事をご覧いただきありがとうございました。

関連記事

奥多摩のはとのす荘へ宿泊した記事です。新しくリニューアルされており、非常にきれいです。

この記事を書いた人
さの

どうもこんにちは、佐野です。
最近は旅行、ガジェットを中心に記事を書いています。今年は台湾、韓国、マレーシア、オーストラリア、イギリスと海外を多く訪れる予定です。
そのため、旅行もお金がかからないように、マイルを使ったりポイントを使ったりしています。
記事で気になることがあったらコメント欄でお待ちしています。

さのをフォローする

 

コメント