ANAホリデイイン仙台 宿泊記&レビュー 設備が古めで、IHG会員以外はほかのホテルも比較しよう

スポンサーリンク

今回訪れたのは、ANAホリデイイン仙台。

IHGグループであり、ANA SFC会員であれば朝食無料などの特典が付くビジネスホテルです。

開業は2001年で、2020年現在営業開始から19年が経過します。

周辺のビジネスホテルと比べると客室が年数経過のため、古い部分がありますが、価格は比較的安い値段で宿泊することが出来るホテルです。

ANAホリデイインの位置づけはANAクラウンプラザホテルとは大きく異なり、レジャーというよりはビジネスによってます。

そのため、全体的に安い値段で宿泊することが出来るのも特徴です。

スポンサーリンク

ANAホリデイイン仙台の宿泊プラン&客室

早速チェックインしたのは、18時過ぎ。

部屋は”[禁煙]ツインルーム”を下さり、Expediaを利用して予約しました。

実は今回は値段をよく確認しないで(お酒を飲みながら)予約してしまったため、Multiple guest feeというのをツインルームでも取られてしまい、2泊で24501円の出費となってしまいました。

Expediaのシステム上、部屋タイプ指定なしに2人の宿泊となっていたため、2人目の追加料金が必要となっていたとのことです。

実際は一泊7000円程度から宿泊することが出来、非常にコストパフォーマンスの良いホテルです。

ANAホリデイイン仙台のアクセス

私は千葉から仙台まで車で移動したため、直接ホテルへ向かいましたが、通常ですと以下のアクセスとなります。

交通

仙台駅東口から徒歩6分
地下鉄東西線「宮城野通駅」まで徒歩4分
東京駅から新幹線で仙台駅まで最短1時間40分
仙台空港アクセス鉄道で仙台駅まで最短17分
東北自動車道仙台南I.Cより車で約20分

※最寄りの地下鉄東西線「宮城野通駅」は、
仙台国際センター・東北大学・青葉山の各所へのアクセスが良好です。
地下鉄東西線「国際センター駅」まで「宮城野通駅」より地下鉄で7分
地下鉄東西線「川内駅」まで「宮城野通駅」より地下鉄で9分
地下鉄東西線「青葉山駅」まで「宮城野通駅」より地下鉄で11分

※公式サイト引用

駐車場は一日1260円で利用でき、何度でも出入りできました。

ただ、他の駐車場と比べ駐車券が定期券となるわけではなく、一回一回フロントにお願いしないといけないので、やや不便でした。

客室内はやや設備が古い

2001年開業とのことで設備がやや古いと感じました。

特にソファーはひび割れなどが目立っておりましたし、シーツもやや年季が入っておりました。

机の上にはディナーの案内からコロナウイルスに関する変更等の案内が置かれていました。

室内にはほかにもアイロン台やテレビが置かれていました。

テレビはおそらく24型くらいの大きさで、他のホテルと比較するとやや小さめのものが置かれていました。

特段不便はありませんでしたが、寝転びながら見るにはやや小さいと感じました。

ホリデイインだから仕方がないが、温泉が無いのが残念

日本のホテルにはビジネスホテルでも温泉がある事が多いですよね。

ANAホリデイイン仙台は館内に温泉設備が無く、室内の狭いシャワーを利用しなくてはなりません。

一泊程度であれば問題ないかもしれませんが、お風呂につかりたいという方には温泉があったほうがいいですよね。

朝食は本来であればバイキング 思っていたよりも充実していた

本来であれば朝食は和洋食バイキングでしたが、コロナウイルス対策とのことからバイキングではなくプレートを配膳するスタイルに変更されていました。

洋食プレートはスクランブルエッグにポテト、ウインナー、和食プレートは少し豪華で焼きサバに卵焼き、煮魚がありました。

最初は和洋のどちらかを聞かれますが、何かお代わりをしたいものが無いか聞いてくれましたし、丁寧に盛り付けてくれるのでおしゃれ感はこちらの方が高かったです。

SFC会員やIHG上級会員であればお得に泊まれる

ANAホリデイイン仙台はSFC会員やIHG上級会員であれば、朝食特典やレイトチェックアウト、アーリーチェックイン等の恩恵を受けることが出来るため、お得に宿泊できます。

一方で、上記の会員出ない方は周辺の同じ価格帯のホテルをもう少し探してもよいと感じました。

例えば、最近仙台駅に開業した三井ガーデンホテル仙台は銭湯も完備されており、ルームサービスや館内設備などが充実している一方で、価格帯はほとんど同じです。

いかがだったでしょうか

今回はANAホリデイイン仙台に宿泊しました。

仙台周辺は様々なホテルがあり、全国チェーンから地元のホテルまで多くのホテルが混在しています。

そんな中この記事を参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いた人
さの

どうもこんにちは、佐野です。
最近は旅行、ガジェットを中心に記事を書いています。今年は台湾、韓国、マレーシア、オーストラリア、イギリスと海外を多く訪れる予定です。
そのため、旅行もお金がかからないように、マイルを使ったりポイントを使ったりしています。
記事で気になることがあったらコメント欄でお待ちしています。

さのをフォローする

コメント