北海道旅行1日目! まずは小樽へ向かう!

国内旅行
スポンサーリンク

どうもこんにちは。今回は北海道に旅行へ行ってきました。なんで北海道なのかというと北海道地震のため北海道には国からの補助金が出ています。そのため、航空券やホテル代などがとても安く済みました笑

今回はそんな北海道へ旅行へ行きました。2泊3日で私が実際に行った場所などを紹介していきたいと思います。i

スポンサーリンク

行きの便はJALのクラスJ

行きは、羽田14:30発新千歳着の日本航空のフライトでした。レビューは以下の記事でしています。併せてごらんください。

さて乗った飛行機は以下のB777です。

クラスJという席を利用したのですが、実際の飛行時間は1時間5分。国内線だと空にいる時間が少ないなと思いました笑

エコノミーシートよりも快適で、足もほとんど前回まで伸ばすことができました。膝の窮屈感が無く、空席があれば国内線であればクラスJ一択です。ちなみに当日空きがあれば1000円でアップグレードできますよ。

そして、新千歳空港につき、新千歳空港から小樽へエアポートライナーを利用しました。新千歳空港はJRが空港直結となっているため便利です。

小樽へはUシートといって500円で座席指定ができる席があります。残念ながら満席のため域は利用することができませんでした。直前から30分前だと土曜日だということもあってか満席の状態でした。余裕をもって予約しておくことが重要です。

小樽に到着

小樽には16:30ごろに到着したのですが、11月の北海道はもうすでに真っ暗。駅前には長崎屋(ドン・キホーテ)などがあり、買い物をするにも便利です。

そして今回羽田オーセントホテル小樽というところへ宿泊しました。

詳しいホテルの紹介記事はいかにあります。良かったらぜひ見てください!!

とてもきれいなお部屋で大満足でした笑   ホテルに荷物を置き次第、すしを食べに行きました。

すし通りにはたくさんのお寿司屋さん!今回はあらかじめ行こうと決めていたすし耕というところへ行きました。事前リサーチではお手頃で入りやすい雰囲気とのこと。

普段食べるお寿司はすしざんまい程度なので、若干ビビりながらもいざ!!

すし耕はうますぎて、リーズナブル

まわらないお寿司屋さんは時価などがあり、入りにくいと思います。今回私たちが訪れたのは、すし耕というメニューがあり、時価ではなく、職人さんが握ってくれるお寿司屋さんです。

お店は少し入り組んだところにあります。

セットメニューがあり、これがお得。また一巻ずつ頼むことができて、食べ足りなかった場合も簡単に注文ができます。

私が注文したものは下のメニューのなごみ。何といってもうにが最高においしかったです。

お代わりなどをしているうちに5000円ほど食べてしまいました。

高いネタを頼みまくったのですが、それでも5000円ならお得だと思います。

もちろん安く済ませたいという場合には、セットメニュー中心で頼むことで2000円程度で抑えることもできます。最高に満足ができました。

なると屋でザンギを!

小樽駅にはなると屋があります。なると屋はザンギを売っているお店で、小樽店のラストオーダーは19:30。

少し急ぎになりましたがザンギを無事にゲットすることができました。値段はザンギがひとつ150円。有名人などが多数訪れているお店で、ほとんどの方は骨付きの若鶏半身揚げを購入していました。

その後はホテルに戻り、少し飲みながら就寝。明日に備えました。

一日目は、ほとんどを移動で費やしましたが、朝早くの便を利用する方は二日目で私たちがやったことが一日目でできるかと思います。その場合、もう1都市観光する場所を増やすことができるかと思います。苫小牧や旭川に足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

2日目の記事はこちらになります!小樽をレンタサイクルで回り、札幌に向かいます。

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

コメント