JALが1時間遅延! その時の対応は?

国内旅行
スポンサーリンク

どうもこんにちは。今回は北海道ふっこう割を利用して、富良野スキー場を訪れました。ただ、羽田空港発 新千歳空港行のJAL515便が1時間の遅延をしてしまいました。そこで今回は、その時のJALの対応はどうだったのかをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

JALが遅延するとクーポンがもらえる?

まず、私が遅延を知ったのは東京モノレールに乗っているときでした。JALのサイトで運航状況を見てみると、みごと機材の到着遅れで、遅延になっていました。運の悪い事に当日は、普段あまり飛行機に乗らない友人と一緒に北海道へ行く予定だったために、集合時間を普段より早く決めていました。そのため、空港内でかなり暇になるなあと考えながら集合しました。

集合して、出発便を見ると運行情報通り遅延の表示かありました。

初めて旅行をするという方に知っておいてほしい事は飛行機はよく遅延するということです。天候であったり、機材の遅れであったりと理由は様々ですが、比較的遅延のしやすい乗り物です。そのため、余裕のあるスケジュールを立てておく必要がありますよね。

そして今回利用したのはLCCではなくJALだったので、一定の補償がありました。

アナウンスでお食事券配布を知る

空港に到着すると、アナウンスが繰り返されていて、JAL515便は50分程度の遅延が見込まれていますという趣旨の放送とともに、お食事券を配布しているとの内容もありました。

飛行機の遅延はよくあるにしても、実は私自身は遅延にはあまり遭遇していませんでした。というのも、LCCを利用することが多いため遅延しても特に補償ということはありませんでした。しかし今回初めてフードクーポンをもらうことになったので、かなり興奮しながら、自動チェックイン機に向かいました。というのも、自動チェックイン機でお食事券を発券できるからです。

そのクーポンがこちら。




よくブログなどでいるこの光景がついに自分にも来たかと思いながら撮影しました笑

このお食事券はどこで使えるのかというと、基本的に国内線であれば、制限エリア内の店舗すべてで利用することができます。制限エリア内というのは、保安検査を抜けた先のエリアのことです。このエリアでは基本的にお土産にも本も食事も買うことができます。ただ、おつりは出ないので注意が必要です。

 

私は万世の牛カツサンドなどを購入しました笑 実はお食事券をもらう前にかもそばを食べてしまったのですが、ついつい購入してしまいました笑

ただ、何を買うのかにはかなり迷いました。今回お食事券を頂いて、かなりうれしかったのですが、逆にいきなり1000円分のお食事券をもらうと何に使えばいいのかわからなくなってしまいます。当日のターミナル内のみでしか利用できないのでそこで使い切らなくてはいけないからです。

まとめ

JALやANAなどのレガシーキャリアは何かトラブルや遅延があったときに対応が手厚いのは周知のことだと思います。ただ、改めてLCCではなくJALを利用してよかったなと感じる場面はこのように何か困ったことが起きた際ですよね。

確実にお食事券が配布されるということではありませんが、今回は1時間の遅延に1000円のお食事券を配布するなどの対応がありました。もしも、これから搭乗しようとする便が遅延していたら、お食事券の配布があるかもしれませんので、アナウンスなどを注意して聞いてみてください。

それでは!

コメント