絶対に後悔しないおすすめ国内旅行先はここだ!

国内旅行
スポンサーリンク

国内旅行はどこに行こうかお悩みの皆さん!過去に国内旅行を行き着くした僕がおすすめする国内旅行先を紹介していきます。

ちなみに今回は東京や大阪は含んでいないので予めご了承ください。

スポンサーリンク

おすすめ旅行先1 北海道

どんな人にすすめても全員が楽しめる旅行先といえば北海道ですよね。特に広大な土地がある北海道には大都市である札幌だけでなく、小樽、帯広、富良野など多くの観光資源があります。

行き方

北海道へは主に飛行機に乗って行きます。

JALやANA、スカイマークの先得割引を使えば片道最安6900円で、高くとも14000円程度で行くことが出来ます。今までの経験から行くとおおよそ往復22000円で航空券を取ることが多いです。またJALもANAもファーストクラスの設定をしている便が多く、当日アップグレードも狙いやすい路線でもあります。
一方LCCを使った場合は往復10000円で取ることができることも多いです。成田〜新千歳で就航しているスプリングジャパンやピーチ、ジェットスターが就航しています。

 北海道で出来るアクティビティ

誰もが思いつくのはスキーやスノボですよね。北海道の雪はパウダースノーで雪だるまを作れないくらい良質です。国内外から多くの観光客が訪れています。

私も実際に富良野スキー場へ行きましたが、雪質が非常によくパウダースノーを楽しむことができました。

しかし、北海道で出来るアクティビティはスキーだけではありません。
ラフティングに乗馬、登山、熱気球など冬以外の季節でも楽しむことが出来るアクティビティが多くあります。そのため、冬でなくとも北海道を満喫できること間違いなしです。

北海道のグルメ

北海道は海の幸が豊富にあります。海鮮丼や寿司、カニしゃぶなどが有名ですよね。海鮮以外でもスープカレー、ザンギ、豚丼、ジンギスカンなど様々なグルメが揃っています。

写真は小樽のすし耕でいただいたお寿司です。北海道ならではの楽しみ方ですよね。

北海道観光おすすめルート

初めて北海道に行く方は札幌と小樽を周るのが王道のルートです。どちらもエアポートライナーで行くことが出来ます。
小樽には寿司通りがあり多くのお寿司屋さんが連なっています。また明治期の日本の建物が多く残っています。冬の時期以外は小樽でレンタサイクルをするのも楽しみ方の一つです。

小樽には漁港があるので上記のように船に乗りながら市内の観光をすることもできちゃいます。

札幌では北海道大学を見学したり、時計台などを観光しましょう。小樽で海鮮を十分に食べたのであれば、ジンギスカンやスープカレー、味噌ラーメンを食べると北海道を制覇したもの同然です。

札幌の味噌ラーメンはまた一味違いますよ。

おすすめ旅行先2 沖縄

沖縄は夏だけでなく4月〜10月辺りまでマリンスポーツを楽しむことが出来ます。特に那覇の国際通りには多くのお土産店や沖縄料理のお店が集中しており、那覇以外にも石垣や宮古島などの離島を観光することも出来ます。

沖縄への行き方

沖縄へも主に飛行機で行くことになります。JALやANA、スカイマークレガシーキャリアの場合は先得運賃で片道10000円〜14000円程度で取ることが出来ます。国内線で最も長い区間の一つですので、沖縄線限定の飲み物も提供されます。国内線ですから機内食は出ませんので、注意しておきましょう。機内では子供連れの方が目立ち、空弁を食べている方も他の路線に比べて多くいました。空港で販売されているお弁当を機内に持ち込むというのも楽しみ方の一つです。
一方、LCCを利用した場合は片道4000円から14000円程度で取ることが出来ます。LCCは頻繁にキャンペーンを実施しているので、うまく利用すると更に安く予約することが出来ます。

沖縄でできるアクティビティ

沖縄のアクティビティといえばやっぱりマリンスポーツですよね。那覇からでもトロピカルビーチやあざまサンサンビーチ、美SUNビーチなどに行くことが出来ます。
シュノーケリングやカヤック、ダイビングなどを楽しみましょう。

那覇市内にある波の上ビーチの様子です。干潮時には海上にあるポストに郵便物を投函することができるビーチです。

沖縄のグルメ

沖縄はソーキそばや沖縄そば、ゴーヤチャンプルが有名ですよね。

しかし、沖縄は米軍基地が多くある関係でアメリカングルメも有名なんです。
特に沖縄限定でチェーン展開しているA&Wのハンバーガーが有名です。

見てください。このボリューム感。さすが本場と思うほどですよね。レタスにトマトにパティにベーコンにチーズ・・・。太ること間違いなしですよ?

ハンバーガー以外にもやっぱりステーキやステーキハンスなどの1ポンドステーキも有名です。

これはステーキハンスというお店の600gステーキです。翌日は顎が筋肉痛になりました笑 このように、沖縄料理だけでなく、アメリカングルメも楽しめてしまうのが沖縄のいいところです。

 沖縄のおすすめ観光ルート

沖縄は那覇を拠点にしながらレンタカーで各地を回ると効率的に観光することが出来ます。1日は国際通りや平和通り付近を観光しつつ、那覇からいけるビーチへ行き、その後はレンタカーで首里などを回だたりするのも良いと思います。沖縄は各地に戦争遺跡があるので、それを見るのも良いと思います。

おすすめ旅行先3広島

広島市内には原爆ドームや広島城、旧広島市民球場跡もあります。

また世界遺産の厳島神社を擁する宮島や戦艦大和が作られた町、呉も有名です。こういった観光資源だけでなく、お好み焼きに代表されるような広島グルメも楽しむことができます。さらに瀬戸内海の海鮮物も同時に楽しめちゃいます。

広島への行き方

広島へは飛行機、新幹線で行くことが出来ます。首都圏に住んでいる方は飛行機の方が行きやすいです。
JALやANAの先得割引を利用すると最安8000円〜13000円で行くことが出来ます。
LCCですと4000円〜13000円程度です。

一方で新幹線を利用した場合は片道18000円程度かかります。新幹線のメリットは座席が広い、揺れずに静か、主要駅にそのままアクセスできるということですよね。ただ、飛行機に比べ料金が高いので日本旅行などの代理店を経由してホテルセットで予約するとよりお得に旅行をすることが出来ます。

広島のグルメ

広島といえばなんといってもお好み焼きですよね。みっちゃんや八昌が有名で、広島駅からすぐの場所にあります。

広島のお好み焼きはそばが下にある事ですよね。ソースと卵、豚肉、そばの相性が抜群で一度じゃ足りないこと間違いなしです。

その他にも広島冷麺や尾道ラーメンも絶品です。
更に、宮島にはあなご飯や牡蠣が豊富にありますし、呉に行くと海軍カレーを食べることが出来ます。

これはうえのやというアナゴ飯発祥といわれるお店で食べた特上アナゴ飯です。

 おすすめの広島観光ルート

初日は平和記念公園にある原爆ドーム、広島城を周り、食べ物はお好み焼きを食べ、2日目以降に宮島で食べ歩き&厳島神社をし、呉では大和ミュージアムに行き、海軍カレーを食べるというルートがおススメです。

宮島へは宮島口からフェリーで行くのですが、往復360円だけ行けてしまいます。夏の暑い日だったら風に当たりながら最高に気持ちいいと思います。

このルートだと尾道エリアが外れてしまうので、場合によっては呉を外して尾道エリアに行くことも考えると良いです。

今まで私が国内旅行をしてきた中で一番良かった、印象に残っているのは宮島です。広島駅から1時間とかからずに行けてしまうので絶対に訪れましょう。

おすすめ旅行先 長崎、福岡、大分

九州にある上記三県は一気に制覇するのがおススメです。というのも福岡の天神エリアはたしかに凄いのですが、都内とあまり変わらず観光という感じはあまり出ません。しかし、福岡は屋台やもつ鍋、長崎はハウステンボスやカステラ、大分は別府温泉というようにそれぞれで有名な観光資源を持っているため、一度に制覇することをお勧めします。

行き方

JAL,ANAなどの先得割引で片道9000円から13000円程度で行くことが出来ます。羽田〜福岡間はファーストクラスやプレミアムクラスが設定されていて、当日アップグレードも、狙いやすい路線です。空席があればプラス8000円で当日アップグレードをすることが出来ます。
LCCは4000円から13000円程度です。こちらもセールを活用すると更にお得に予約することが出来ます。

三県のグルメは?

先ほども紹介しましたが、カステラ、ザボン揚げ、もつ鍋、屋台、とんこつラーメン、温泉まんじゅうが有名ですよね。

おすすめの観光ルート

長崎空港からハウステンボス、長崎に一泊し、翌日以降で別府温泉に移動しましょう。高速バスだと最安1990円〜で長崎→別府温泉間を移動できます。その後、福岡に向かい天神エリアや太宰府天満宮を回るのがおススメです。福岡は空港へのアクセスがとてもいいので早朝にファーストクラスの空席があればアップグレードを狙うのもアリですよね。

今回は主に飛行機での移動をおすすめしましたが、LCCとレガシーキャリアどちらにしようか悩んでしまうのではないでしょうか?

レガシーキャリアとLCCどっちが良いの?

私はJALなどのレガシーキャリアをおすすめします。というのも、以前までは頻繁にLCCを利用していたのですが、欠航した際に次便以降に振り替えを希望しても既に満席であったり、スタッフによって返金の案内が異なるなどトラブルの際に困ってしまいました。そのため年に何度も旅行はしないという方はレガシーキャリアを使うことをお勧めします。

年に一度の旅行で欠航になってしまい、旅行先へ向かえないなんて嫌ですよね?もちろんレガシーキャリアでもそうなってしまうことはありますが、最大限何らかの努力をしてくれます。

ただ、大学生など暇な時間が多い人はLCCをおすすめします。最悪欠航になってもJALやANAのスカイメイトを利用すれば先得料金に高い値段で当日でも航空券を取ることが出来ますし、あまりデメリットがありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。北海道や沖縄に行きたくなってきたでしょうか。旅行は行きたかったら行くものだと思います。これを機にぜひ予約してみてはいかがでしょうか?

ちなみにですが、予約がめんどくさいという人にはJALなどがやっているダイナミックパッケージが非常におすすめです。これですとトラブルが起きても途中で返金されますし、なんといっても予約の手間が省けます。

是非利用してみてはいかがでしょうか?

コメント