ロイトン札幌 札幌をぶらぶらしながらジンギスカンや朝食バイキングも!

国内旅行
スポンサーリンク

北海道旅行中にロイトン札幌に宿泊しました。周辺にはジンギスカンの名店や北海道グルメを味わえるお店が多くあり、ホテルの中には朝食バイキングも充実していました。

そこで今回はホテルレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回宿泊したロイトン札幌の宿泊プラン詳細

ホテル ロイトン札幌

  • 宿泊プラン ポイント最大5倍!断然お得なポイントUPプランー素泊まりー
  • 部屋  ツインルーム 禁煙(ツイン)
  • 宿泊日数 1泊
  • 宿泊料金 4200円(1人2100円)
  • 獲得Tポイント 210

 

北海道復興支援のクーポンを利用したため、格安で宿泊することができました。様々な会社が支援をしているので、皆さんにもこの機会にぜひ北海道を訪れていただきたいです。

今回は小樽からエアポートライナーを利用して札幌に来たのですが、札幌についた時点でかなりくたくた。せっかくだからと北海道大学を訪れたのですが、敷地が広大すぎて疲れ度はマックスに笑

そんな中、ホテルへ向かいました。

実は翌日に撮った写真なのですが、当日は疲れていたため写真を撮ることを忘れていました笑

ロイトン札幌のロゴです。明るさからわかると思いますが、これも翌日に撮ったものです笑

詳しくはこの記事をご覧になってほしいのですが、実はこの日に小樽をレンタサイクルで爆走していたため、全身が筋肉痛になっていて、かなり疲れていました笑

いざチェックインです! チェックインするときってなんか緊張するのは私だけなのでしょうか?

ロビーには様々な国の国旗が。台湾の国旗があるのもなんだかうれしいです。

部屋で睡魔に襲われる

やっぱりホテルは最高ですよね。私の夢は家を持たずにホテル暮らしをすることなので、その夢が一時かなった気がしてホテルは大好きです。

そうこうしているうちに、だいぶ疲れていたので睡魔に襲われてしまいました笑

ただ、せっかく北海道を訪れているのですぐに眠るわけにはいかず、ホテルを出てジンギスカンを食べに行きました。

訪れたのは松尾ジンギスカンです。他のテーブルの方には焼き方やプランの説明を店員さんがしていたのですが、なぜか私たちにはなく・・・。なんかしたのかな?と思いましたが、おいしくいただけました。

ジンギスカン食べ飲み放題で5000円でした。臭みを以下に抑えて調理するのかがジンギスカンをおいしく食べるコツだと思います。

ホテルへ戻りながら観光できちゃう

札幌を歩いていると、道や町自体がとてもきれいにできています。

ただ、時計台や県庁などの観光地が駅の近くに集中しているので、札幌滞在は数時間でほかの都市に足を延ばしてみるのもありだったかな?なんて思ったり。

北海道議会も訪れました。夜はライトアップされていて、観光客がいました。国で言うと台湾や中国からの観光客が多いのかなと思いました。

それにしても道路は広くて、街並みもきれいでした。ここに住んでみたいと思ってしまうくらい。

さて、ホテルに戻ってきてお風呂に入ろうかと思いましたので、アメニティを確認してみました。

まあ普通のホテルと同じです。

シャワーを浴びて、ベットに戻ったらすぐに睡魔が襲ってきました。二度目の睡魔には勝つことができずに就寝。

朝食バイキングがすごいぞ!

今回私たちは朝食なしの素泊まりプランだったのですが、1900円(税込み)で誰でも朝食バイキングを食べることができます。少し高いのですが、バイキングには甘エビやいくら、サーモンも含まれていて、海鮮丼を作ることができるのです。

入口からの写真です。いい香りがしてきます。

ドリンクには牛乳もありました。北海道らしくてよきでした!

盛り方がへたくそなのですが、これが私が選んだメニュー!イクラをたっぷり盛って、エビとサーモンをトッピング!

これが食べ放題なんだから、胃が喜んでいました。

そして、シェフの方が目の前で焼いてくれるチーズオムレツも頂きました!何度練習してもこんなうまく作れないんですよね・・・。

チェックアウトしてからの感想

おいしく朝食を頂けたところで、ホテルのチェックアウトです。快適に滞在できましたし、なんといっても朝食バイキングが良かったです。また、時計台などの観光地も近く、最高でした。

紅葉も楽しむことができ、札幌滞在は非常に有意義なものになりました。

 

今回の北海道滞在の別の記事です。ぜひご覧下さい!

北海道1泊目のオーセントホテル小樽 レビュー

北海道旅行 1日目

 

それではまた!!

コメント