札幌プリンスホテルに宿泊!ディナーバイキングがお得すぎた!

国内旅行
スポンサーリンク

富良野スキー場でスキーをしてきて、帰る前に札幌に宿泊します。そして今回宿泊するホテルは札幌プリンスホテルです。

今回は札幌プリンスホテルのレビューをしていきたいと思います。

その前に北海道ふっこう割について軽く説明したいと思います。

スポンサーリンク

今回の札幌プリンスホテルの宿泊プラン詳細

・料金 16300円

・代理店 JAL PAK

・日程   2/17~2/21

・内容 JAL航空券(羽田~新千歳往復)、新富良野プリンスホテル2泊、札幌プリンスホテル二泊、スキーバス付

上記の内容なのですが、すごく安くないですか?

実は、現在北海道旅行には国から補助金が出ています。そして、今でも上記とほぼ同じ値段で北海道旅行を予約することができます。

以下の記事で詳細をお伝えしているので、併せてごらんください。

札幌プリンスホテルはどんな感じだった?

札幌プリンスホテルは丸いタワーになっています。

実は翌日の画像なので、許してください笑

歩いてきた方でも、外からわかりやすい構造です。

アクセスは札幌駅から徒歩20分程度で若干遠めです。札幌に雪があるときは歩くのは疲れてしまうと思います。

ただ、札幌駅~札幌プリンスホテル間で無料シャトルバスが1日9往復しています。

1時間ごとですので、時間が合わなかった場合はタクシーを使うのがおすすめです。ちなみに、以前に宿泊したロイトン札幌とは目と鼻の先の距離でした笑

フロントに行きチェックインを済ませました。

部屋は19階となかなか高めのフロアでした。後から気が付いたのですが、

通常の部屋からスーペリアツインルームにアップグレードされていたようです。

客室は若干狭めではあるものの、清潔感があり、とても快適でした。

UCCのコーヒーとミネラルウォーターが無料でありました。新富良野プリンスホテルには水が無かったので、札幌プリンスホテルのほうがアメニティ類は充実しているようです。

ヘアバンドやスキンケアセットなどが一通りありました。こちらも新富良野プリンスホテルよりも充実しているように思います。競争の激しい地域と寡占している地域で違いが出ているようです。

枕のかんじが個人的に好きです。ホテルのベットって気持ちいですよね笑

ホテルの室内はきれいでアメニティも充実していました。また、目の前にはローソンがあり、1Fには売店もあるので夜のお酒などの調達は問題なさそうです。ちなみに、各階にストロングゼロ(350ml)やビールなどの自動販売機がありました。新富良野プリンスホテルは撤去されてしまっていたので、こちらも札幌のほうが充実していました。

一階のビュッフェ・バイキングがかなり良い! 会員カード提示と宿泊者なら3000円代で食べ放題!

一階のハプナでは、バイキングを楽しむことができます。

バイキングは朝、ランチタイム、ティータイム、ディナータイムで開催されていて、それぞれ値段が異なります。

朝食は2700円~と若干高めの設定になっています。ただ、プリンスポイントの会員カードを発行するだけで、5%の割引を受けることができたり、宿泊者の方は3900円の料金になります。

札幌プリンスホテルのディナーバイキングはどんなかんじ?

札幌プリンスホテルのバイキングはディナータイムでもそれほど混雑しておらず、とても快適に利用できました。

ステーキやすし、てんぷら、麻婆豆腐、海鮮(ぶりやいか、蟹など)など多くの種類があるので、おなか一杯になるまで食べてしまいました。

私はスペアリブ、ステーキ、ハムサラダなど多くの物を頂きました。

北海道のホテルのバイキングは海鮮物が充実していることが多く、これも北海道の楽しみ方の一つですね。

ディナータイムはアルコール類を別途注文することができ、飲み放題を付けることもできます。

朝食バイキングはどんなかんじ?

朝食バイキングはディナータイムよりは少し混雑している様子でした。

ただ、札幌プリンスホテルのバイキングは普通のホテルの朝食とは違い、朝でも様々な種類を楽しむことができました。

あさからしゃぶしゃぶや味噌ラーメン、スープカレーなど北海道の名産やお肉を食べることができます。

プリンスホテルのバイキングは種類が豊富で本当においしいです。

他にも、中華料理や王道のソーセージなどたくさんの種類がありました。

まとめ

札幌プリンスホテルは、プリンスホテル系列の中でも、比較的満足度の高いホテルでした。

客室もきれいですし、アメニティは最小限のものはきちんとあり、水やコーヒーもきちんとありました。

そして、各階にはアルコール付きの自動販売機が設置されており、ホテルを出てすぐの外には24時間営業のローソンがあります。

朝と昼は北海道の名産を楽しんで夜はホテルでバイキングディナーというのもよさそうです。

今回はハプナのみを紹介しましたが、中華料理の食べ放題があったりと、レストランも充実していました。若干札幌駅から遠いいですが、道中で時計台や札幌道庁など観光スポットもありますので、歩いてホテルへ向かうのもありだと思います。

宿泊を検討されている方の参考になれば幸いです・・。

それでは!

コメント