[配車サービス]マレーシア・クアラルンプールでの移動はGrabを使おう

海外旅行
スポンサーリンク

海外旅行で不安なのが、ホテルなどから観光地までどのように移動しようかということですよね。

移動手段をどのように確保するのかが、効率的に観光するために必要になってくるのですが、

今回は、マレーシア旅行でおすすめなタクシーの廃車アプリ「Grab」を紹介していきたいと思います。

 

Uberと似たようなサービスで東南アジアだとGrabが主流の配車アプリです。

 

 

スポンサーリンク

Grabを使うメリット

Grabは、シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピンなどの東南アジアでサービスを展開しているのですが、

Grabを使うべき多くのメリットがあります。

Grabを使うべきメリット1:ぼったくられない

マレーシアなどの東南アジアではタクシーのぼったくり被害にあうということが非常に多いです。

もちろん、都市部では少ないですが、それでも日本人は騙されやすいといわれます。

しかし、Grabを利用すれば、ぼったくりの心配は全くありません。

 

なぜならば、Grabは事前に行き先を指定し、乗車前に料金が確定するシステムになっているからです。

つまり、いくら遠回りをしようとも、値段は変わらないため、ぼったくられる心配はないんです。

 

これであれば、安心して利用できますよね。

Grabを使うべきメリット2:安く移動できる

日本人にとって、タクシーは高価な移動手段ですよね?

日本であればできるだけ電車で移動するという方も少なくないと思います。

しかし、Grabは非常に安価で利用することができます。

 

よって、マレーシア旅行などでは有力な移動手段になります。

Grabを使うべきメリット3:マレーシアなどはまだまだ電車網が発達していない

マレーシアなどの東南アジアは現在国が総力を挙げてインフラ設備を整えている最中です。

もちろん、近年東南アジアのインフラ網は急激に発展していますが、そのインフラ網は日本ほどではありません。

 

そのため、観光地まで電車で行くというのが非効率である場合も多いんです。

 

例えば、僕がマレーシアのBatu cavesに行った時、行きは電車で向かいました。

車であれば、20分でたどり着けるのに、電車では30分かかり、

さらに電車の間隔はよくて30分おき、悪いと1時間後でした。

 

しかし、ここでGrabを利用しておけばたったの20分で目的地までたどり着けたのです。

こう考えると、

マレーシアなどの東南アジア観光ではGrabは最強の移動ツールなんです。

 

ここまでで、Grabを使うべき理由がわかっていただけたと思うので、

ここからはどのようにGrabを使えばいいのか登録方法から解説していきます。

Grabの登録は日本で事前にやっておこう

ここからGrabの登録の方法を紹介していきます。

これらは、日本で事前にやっておくと現地でスムーズに利用することができますので、

必ずやっておきましょう。

クレジットカードの登録は現地でしかできません。

Grabの登録方法(日本でやること)アプリをダウンロード&登録をすます

iphone(ios)であればAppstoreで、AndroidであればPlayストアで、「Grab」と入力してください。

一番最初に出てくる以下のロゴのアプリがGrabアプリになります。

インストールが終わって、アプリを開いてください。

次に、Your Mobile Numberをタップして日本の電話番号を入力してください。

そして、自分の名前を入力して、次へ進みましょう。

現地でやっても問題ありませんが、どうせなら日本でやっておくことをお勧めします。

Grabの登録方法(現地でやること):クレジットカードを登録しよう

Grabクレジットカードを登録することで、事前に決済をすることができます。

このことで現金もいりませんし、かつぼったくられることもありません。

 

ではクレジットカードの登録方法を紹介していきます。

まず、行き先を指定し、「Book justGrab」をタップしましょう。

 

 

行き先を指定してBook(予約)しようとすると、現金で予約するのか、支払い方法を変更するのかを聞かれます。

ここで、「Book with Cash」を選んでしまうと、現金決済になってしまうので、

「Change Payment Method」を選択しましょう。

そうすると、

 

ここで「Add Payment Method」をタップしてクレジットカードを入力しましょう。

 

楽天カードはねられてしまいました。JALカードは登録することができました。どちらもVisaなのでブランドは関係ないと思います。

登録できないクレジットカードもあるので、複数枚用意しておくとスムーズに選択できます。

これでGrabを利用する環境は整いました!

 

それではここから現地で役に立つ情報をお伝えしていきます。

Grabの料金はグーグルマップ上で確認できる

Grabの料金はグーグルマップ上で確認できます。

料金が表示される場所は車の項目ではなく、電車の項目となります。

KLセントラルからBatu cavesまでは15~19マレーシアリンギットで行くことができます。

乗車が完了すると、チップを払うか聞かれます。

ほとんどがフレンドリーでよい運転手なのでここはきちんとチップを払うとよいと思います。

 

チップもアプリ上で完結するので、現金はいりません。

運転手さんと会話をするのも楽しい

海外旅行で一番楽しいのは何といっても現地の人と話すことですよね。

Grabのドライバーさんは評価制度などもあるため、コミュニケーションを積極的にとってくれます。

 

まず、日本から来たの??と必ず聞かれます。

 

ここから、行ったことはあるか?やおすすめの場所、食べ物は?などを聞いてみると会話が弾むこと間違いなしです。

僕が今回訪れたマレーシアは英語が通じやすいので、英語で会話をすることができました。

マレーシア旅行ではGrabを使うべき:まとめ

マレーシアなどの東南アジアでGrabを使うべき理由・使い方などわかっていただけたでしょうか?

今回の記事が役に立った、便利だったという方は是非是非SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

 

また関連記事などを併せてお読みいただけると嬉しいです。

この記事を書いた人
さの

どうもこんにちは、佐野です。
最近は旅行、ガジェットを中心に記事を書いています。今年は台湾、韓国、マレーシア、オーストラリア、イギリスと海外を多く訪れる予定です。
そのため、旅行もお金がかからないように、マイルを使ったりポイントを使ったりしています。
記事で気になることがあったらコメント欄でお待ちしています。

さのをフォローする

最新の記事はこちら

沖縄国際通りにあるうちなー家を訪問 味もよく雰囲気も最高
[宿泊記]ヒルトン福岡シーホーク エグゼクティブファミリーデラックス ラウンジや朝食が最高だった
ANAホリデイイン仙台 宿泊記&レビュー 設備が古めで、IHG会員以外はほかのホテルも比較しよう
[購入レビュー]BKSPN13リーディングエッジ・スピンバイクを購入
奥多摩・鳩ノ巣周辺で出来ること!ハイキングや廃墟巡り、沢下りと盛りだくさん!

コメント